読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先天性デリカシー欠損症

愛だけを叫べよ!

「岡田担であること」

※降りません

 

 

 

昨日からJr.祭りが始まり、今日からセクゾコンが始まる。私は明日と、来週、セクゾに入るし、ありがたいことに、5月にJr.祭りにも入らせていただけることになった。

こんなタイミングでこんな記事を書いているけれど、でも今書かないといけないとおもった。 

 

岡田准一を降りる時ってどういう時だろう…と唐突にぼんやりと考えた。

今までいくつも担降りブログなるものは読んできたし、担降りについて考えたことがなかったわけでもない。

単なる心境の変化、もういいかなと思った、ジャニオタをやめた、より応援したいと思える子ができた、本人の言動が気に食わなかった、嫌いになった、撮られた、結婚した………… "担当" を降りる理由は千差万別で、最初から降りるつもりで応援している人もいない。その時は突然くるかもしれないし、徐々にフェードアウトするようにじわじわとくるのかもしれない。

ジャニオタをしている以上は程度の差こそあれ、誰にも等しく"担降り"が訪れる可能性は与えられている。

もちろん私もいつ担降りをするかはわからない。

だから、今思いついた時にこれをちゃんと残しておきたい、私がどんな気持ちで岡田担だったかを記しておきたいと思った。

 

そもそも茶の間時代には自担という自担はいなかった。

私がV6のファンになったのは2009-2010年ごろ。

もともと二次元畑にいたからV6が修学旅行MADの元ネタなのは知っていたけども、人の顔と名前を覚えるのが苦手だから、学校へ行こう!を見ていたのにメンバーは森田剛しか知らなかった。

何がきっかけかは覚えていないけど、高校1年生の時に友達がB-RAPハイスクールを好きで、一緒に動画を見るようになったのが一番最初だったように記憶している。

この頃に当時某tubeや某コニコ動画に存在した学校へ行こう!関連の動画はほとんど見たと思う。

2010年11月、違う友人に誘われて、ドラマも見ていないのに半ば連行されるようにSPを観に行った。

漫画は持っていたのでドラマの予習はしなかった。

そこで岡田准一に出会った。初めてジャニーズというものに触れた。尋常じゃないくらいにかっこよかったし、V6の主題歌もめちゃくちゃにかっこよかった。もっと知りたいと思った。

 

そこからの私はちょろかった。

V6のアルバムを全部借りた。

最初に買ったのはなんだったかはもう忘れてしまったけど、コンサートDVDも買った。

大学生になったらファンクラブに入るぞと、毎日毎日V6を聞きながら受験勉強をした。

大学生になって、初めてのバイト代を握りしめて、郵便局に行って、ファンクラブに入った。

生まれて初めてコンサートに行った。名古屋と大阪に入った。

周りにV6好きな友達はいなかったから、一人で行った。それでも楽しかった。

ジャニーズに興味もなく、むしろジャニオタを叩く側の人間だった私に(実は)、ジャニーズは素敵だということを教えてくれたのは岡田准一であり、V6だった。

 

20周年コン、名古屋に入ってしばらくして、今のアカウントを作った。

リアルで使ってるアカウントに書くことではないと思ったからだった。

アカウントを作った以上FF0の壁打ちはなんとなく嫌で、何人かフォローしてみた。

初めてジャニオタ、V6の好きなお友達ができた。楽しかった。

代々木のレポが流れてくるたびに自分ももう一回入りたいなって思った。

20周年の瞬間はツイッターのお友達と迎えた。

なんだか年越しみたいでとっても楽しかった。

 

アカウントを作った時、ジャニオタはツイッターで自担を申告するのは知っていた。

でも、私は自担という言葉にピンと来ていなかった。

V6は初めて好きになったジャニーズで、そのきっかけは間違いなく岡田准一だった。けど、それでも岡田准一が好き、というよりはV6が好き、のほうが強かった。

学校へ行こう!が好きで、V6の曲が好きで、V6のコンサートが好きだった。

さて私は誰担と名乗ろうかとはたと思った。

all担?〇〇寄りのall担?

all担でもよかったけど、そのときたまたまall担を批判するツイートをみたこともあって、それじゃあって岡田担ですって名乗った。彼の映画はかかさず見ていたし、彼がきっかけだし。

それがインターネットジャニオタ岡田担どんどことしての私の始まりだった。

私の "岡田担" は多くの岡田担とはもしかしたら少し違うかもしれない。

 

ぶっちゃけた話、岡田准一の顔も、容姿も、なんなら性格も、私の好みとはかけ離れている。

Jr.の自担、松村北斗SixTONES)が容姿、性格どれをとっても私の理想そのものだ。

だから岡田准一はそもそもタイプでもなんでもない。

昔の容姿はすごく顔が美しいしかっこいいと思う。でも好みじゃない。

声は綺麗だと思うし歌は上手いと思う。

ダンスは上手くはないと思う。

コンサートでも彼のことばかり見ているわけじゃない。

なぜ好きなんだろう。なぜ今までずっと自担なんだろう。

掛け持ちにならずに降りてしまえばよかった。なぜ降りずに掛け持ちしてるんだろう。

V6を好きになったきっかけだから?

全岡田担にも、彼にも申し訳ないけども、きっとその要素は大きいかもしれない。

実際、私は「岡田さんの好きなところ」と言われても、きっとうまく挙げることはできない。

多分「あごのライン」とかいう。

好きな容姿でもないし、性格もめちゃくちゃ好きというわけじゃない、一番歌が好きでもダンスが好きでもない。

けど、それでも時々、顔でも歌でもダンスでも性格でもなく、その存在そのものの美しさにゾッとすることがある。

ああ神様この世にこんなに美しい人を作ってくださってありがとうございますと言いたくなる、この人以外の全てが無意味に見えるくらい美しい瞬間が、ある。

f:id:luneenpassant:20170325190924j:image 

一番好きな岡田准一のビジュアル、顎のラインが綺麗。

多分私は、その瞬間が好きなんだと思う。多分。

 

自分はV6のみんなには幸せになって欲しいなあとおもう。

私にはわからないけれど、きっと芸能界には、きっと事務所には、いろんなしがらみとか、わだかまりとか、思惑とかがあるんだろう。きっと大変で、怖くて、過酷で、しんどい世界なんだろう。

だから、ただただV6のみんなにはとにかく健やかで、幸せでいて欲しいと思う。

私たちの目を気にすることなく(もちろん節度を守って)女と付き合えばいいと思っているし、結婚したいと思うなら結婚してほしいと思う。

オタクの存在が、メンバーのやりたいことを妨げるのは私の本意ではない。

私はそんな権利はオタクにはないと思う。

「プラベを撮られるなんてプロ意識が足りない!」という人もいるが私はそうは思わない。

よく知らないけども、そういう記事が出ている以上、プラベを撮って記事を書いてそれで飯を食っている人が確実にいるということだから、プラベが外部に漏れないことは不可能だと思う。

でもいろんな意見があるのは分かっているつもりだ。
共感はできないけど理解はできる。

私は、それでも、メンバーには中途半端な女とは付き合って欲しくないし、見る目のある男でいて欲しいと思ってる。

いい女と付き合って、いい女と結婚して、「いい夫婦だね」と言われて欲しい。本人の幸せを掴んでほしいと思う。

 

実は、嫌いになった、とまでは行かずとも、あっ、嫌だな、とか、気に入らないな、と思ったことがないわけではない。

20周年を迎えるにあたり、20周年コンのパンフレットをはじめとしたいろいろなインタビューやテレビ番組で、「自分は10周年以降アイドルでいることに対して反抗期だった、その期間もV6のメンバーは見守ってくれた」といった旨のことをよく言っていた。

きっとそうだったのだろう。本人も悩んだのだろうし、周りも悩んだんだろう。それを本人は乗り越えて、6人でやっていくぞと思ったのだろう。

でも私は、それをさも美談のように語られることが引っかかった。

 

実は、なんとなく、本当になんとなくだけど、ずっとV6はそのうち解散しちゃうんじゃないかと思っていた。

20周年の前に解散とか、20周年のコンサートで、オーラス、デビューの地で、デビューの日に解散発表とか、あるんじゃないかと思っていた。

今思えば馬鹿らしい懸念だけど、それでも彼の発言を聞いて、もしかしてなくはない未来だったのかと、ああ実際解散とか脱退云々を考えなかったわけではないんだなと思った。

ゾッとした。

それと同時に、私が好きになった10周年以降の彼は少なからず「アイドルやめて俳優に専念したい」とか「V6であることをやめたい」とか思いながらアイドルをしてたのか、と悲しい気持ちになった。

 

俳優の岡田准一が嫌いなんじゃない。むしろ好きだ。

そもそものきっかけはSPだし、彼の演技にはいつも度肝を抜かれるし、作品ごとに今まで知らなかった彼の一面を知ることができる。

演技の仕事は彼が一番やりたいことで、それに自分の芸能人としてのキャリアとかスキルどころか、命すらかけるつもりで取り組んでいることもよく知ってる。

だから応援したいとおもう。

映画は苦手だけど、出来る限りは時間を作って足を運ぶようにしているし、新しい映画の仕事が来ると、純粋に嬉しいと思う。

 

でもやっぱり私はアイドルでいる彼が、なによりもV6が好きで、誰を好きになっても、結局はそこに行き着いてしまう。

V6のパフォーマンスが好き、だから他の仕事をしていても、最後はV6に帰ってきてほしいと思っている。

もちろん他のメンバーに対しても同じことを思っているけども、一番センセーショナルな外部の仕事を持っていて、一番一般人の目が向くのは岡田准一だから、とりわけ彼に対してそう思ってしまう。

もしかしたらそれは私のエゴなのかも知れないけれど。

V6は岡田准一だけのグループではないし、アイドルとしての岡田准一と俳優としての岡田准一は違う、と私は思っている。

俳優の岡田准一が好きだっていう人にはアイドルとしての彼を見てほしい。アイドルとしての彼がオリジナルだから。だから、彼にもアイドルであることに誇りを持っていてほしいと常々思っていた。

 

だから、この発言だけはどうしても自分のなかで引っかかった。

トラウマになった。

10周年以降のコンサートがしばらく見れなくなった。

本編、アンコール、それが終わって「バイバーイ」ってはけていく彼らが、もしかしたらもしかして最後の姿だったかもしれない、そんな未来がありえたことが何よりも怖かった。

大げさかもしれないけど、それくらい嫌だった。

どうせなら墓場まで持って行って欲しかった。

プラベが漏れるのもいいし、結婚するのもいい。坊主になってもいいし、ズラかぶろうが、ゴリラになろうが構わない。でもせめてアイドルでいる時間くらいは、最後までアイドルでいて欲しかった。

アイドルをやめたいと思ったことなんて、知りたくなかった。しかも美談として。

「あの時も、もしかしたらあの時も」「私が応援してた映画をやってる時もV6をやめたかったの」そんなことを思った。たくさん思った。

本人にとっても罪悪感はおそらくあったんだと思う。それを内うちに10年も秘めていたのだから、かなり年季の入ったそれなんだろう。彼自身の辛さは、私たちの想像では到底至ることはできない。

でも、それをまるでいい話であるかのように、絆を象徴するエピソードであるかのように吐き出されると、今まで見てきたものが全て否定されたような気がした。

でもやっぱり、演技の仕事で彼が評価されることは嬉しかった。

彼が、自分の命を懸けてやってきたことで評価されるのは本当に幸せだった。

だから、降りようとは思わなかった。(もし、当時掛け持ちをしていたら降りていたかもしれないけど。)

何しろ20周年コンの時点で、すでに1本映画の公開を控えていたし、1本撮っていた。

コンサート自体は楽しかったし、改めて好きだと思えたし、これからも応援したいと思えた。

今後も応援したいと思えたから、映画も見たいと思った。本人も反抗期が終わったと言っているし…と自分に言い聞かせるように納得した。

20周年イヤーの2月に彼がアカデミー賞をダブル受賞した時に、やっと「ジャニーズの枠をはみ出したい」彼の演技が報われたと思ったし、本当にこの人はすごい人だと思った。自分は本当にすごい人を好きになったと思ったし、誇りに思った。

コメントでV6のメンバーについても触れていた。

あの時、あの瞬間、彼の反抗期が本当の終わりを迎えたように思う。

だから20周年に、グループとしての活動に心をしがらみなく向けられるようになったんだと思う。

それが何よりも救いだったし、だから降りずに今もいる。今も新しい彼の一面を見るたびに度肝を抜かれていて、きっとこれからもそうなんだと思う。

 

最近の彼は、変わったと思う。

メンバーの前ではあまり喋る人ではなかったし、学校へ行こう!を見ても「寡黙な美人」という印象だった。

多分、世間のイメージもそういうイメージだったように思う。少し前まで。

それが、最近は所構わずメンバーに、後輩に、共演者に可愛い可愛いと絡み、尻などを揉み、お年玉を要求する。

口を開けば筋肉の話をするし、だいたいゴリラ扱いされている。

昔では考えられないことだ。

昔から「高田純次みたいな人になりたい」とは確かに言っていたけども、まさかここまで変わるとは思わなかった。

いや何でやねんと思うこともあるし、ちゃうやろと思うこともある。

でも、私はその変化は彼にとってはいい変化だと思う。

あまりしゃべらなかった頃の彼は、すなわちメンバーと心理的な距離を置いていた頃の彼で、V6から心が離れていた彼だ。

確かに恐ろしいくらいに美しかったけど、取っつきにくい印象もあった。

彼にどんな心境の変化があってキャラ変したのかは、私はよく知らないけど、彼がV6のメンバーに見せるそれにによく似た言動を、最近外部の仕事でも見せるようになった。

彼が自分の中でなにか吹っ切れたからのように思う。

だから、たとえかつてのような美しさはなくても、ズラでも、ゴリラでも、筋肉でも、痴漢でも、今のV6を愛する彼がいい。

 

何度でも言うが、私はアイドルとしてのV6が本当に好きだ。

6人の関係が好きで、V6の作るコンサートが好きだ。

正直あまり好みではないタイプの曲のリリースが続いた時期があった。好みではないけど応援したい一心でCDを買っていた時期もあった。

「迷走している」と評されたこともあったし、「V6何してんのwwww」って声もあった。

AKBと毎回リリース日が被って1位にしてあげられない時期もあった。

だから秦基博さんから曲を提供してもらったり、すごくかっこいい曲をリリースして、世間に見つかったりしてることがとても嬉しいし、とてもありがたいことだと思う。22年目もファンを増やし続けているのは、6人の技量が本当に素晴らしいからだと思っている。

キャスターでもミュージカル俳優でも手話をしても農業をしても油持ってきてもサイコパス殺人鬼でも、結局V6に、アイドルに戻ってくる6人が好きだ。

みんな一人一人が高いスキルを持っていて、外で磨いたスキルやセンスを6人が持ち寄り、V6として新たな化学反応が生まれる。

何年たっても、泥臭く1曲目から歌って、踊って、走り回って、踊って、踊って、踊り倒すV6のコンサートが好きだ。だから応援したいと思った。

私が岡田准一を降りるときはV6を降りるときだと思っている。

 

その時がいつくるかはわからない、もしかしたら明日かもしれないし、3年後かもしれない。10年後かもしれない。

V6の解散の方が先かもしれない。

でもその日まで私は彼が自担だと胸を張って言いたいと思う。

ジャニーズJr.に歌ってほしい!V6の曲30選+おまけ

※前回記事のままテンションがブチ上がって書いたマニア向け記事

luneenpassant.hatenablog.com

※10000字超え、Myojoインタ並みのボリュームになってます

 

 

こんにちは。

 

みなさんにジャニオタとして叶えたい夢(欲望・妄想)はありますか?

実は何を隠そう、私には少年倶楽部Jr.グループにV6の曲を振り分けるおばさんになるという密かな夢があります。

そこで、Jr.祭りも始まるし!!ということで、今日は(今日も)V6をテーマにJr.のみんなにこんな曲を歌ってほしいNA〜〜〜〜〜〜!!!と妄想を爆発させてる曲の中から選んで発表したいと思います!!!ヒュ〜〜ドンドンパフパフ

 

 

★Mr. KING

Precious Song(Hello-Goodbye)

「君をずっと守るから聴いててくれよ」

カミセン二大かわいい大正義曲の一角。(もう一曲は後で出てきます)

私の大好きなカミセン曲!

とにかくダンスがかわいい。いや曲もかわいい。歌詞もかわいい。

3人組で!かわいいって言ったら!キンプリどっちに歌ってもらおう…?って思うじゃないですか!

少年のようなど直球ラブソングで、若さ溢れるさわやかなアイドル王道曲なので、どちらかというとプリンスよりはキングかなあ…と思って選びました。

 

上弦の月(Very Best II)

「昔は束縛なんてしちゃったけど、僕ら若かったね!」みたいな曲。

メロディーがかわいいし、KINGちゃんにはよく似合うと思います。とにかく岡田がまだ若くてほんっっっっっっとーにかわいらしかった頃…。

「半分の喜びと半分の悲しみを分け合っていこう」と前向きに、優しい気持ちになれる1曲。

だんだんと大人になっていくキングに歌ってほしい、若さっていいよね。って感じの曲。

 

DIVE(VIBES)

雄み溢れる、最強に盛り上がるテンションぶち上がりソング!

自分らしくギラギラ輝いていこう!思い切り踏み出して未来に飛び込んで行こう!と元気をくれる明るい1曲です。

コンサートやライブの始まりにふさわしい1曲で、少クラオープニングを務めることのおおいキングに歌ってほしい一曲。

 

 

★Prince

愛をこめて(kEEP oN.通常)

「力を込めて抱きしめたらもうずっと守り続ける」「君がいて本当によかった」

ッカァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!岸優太に言われたい(私が)

オタク人気も高いバラードです。

失恋・悲恋じゃないバラードはこの時期珍しい。だってこの頃バラードといえばだいたい叶わぬ恋系、それ以外はトンチキソング歌ってた時代だから…

スタンドマイクで(そしてマイクを女に見立てて)歌ってほしい1曲。

 

Are you ready tonight?(スピリット初回)

とにかく勢いのあるカミセン曲。かわいいけどかっこいい。

少年のようなお茶目さを残しながらもオシャレさが前面に出て、カミセンとしてのグループの安定感をしっかり発揮してるダンスナンバーです。

この曲で「かわいいけどかっこいい」Princeが見たい。

 

Medicine(GUILTY通常)

V6最大かつ最強のぶりっこ曲です。

もちろん他のV5もかわいいんだけど、かわいいんだけど。

この曲に関しては三宅健御大の独壇場って感じでござる!!!参りました!!!

是非ともイワゲン様には三宅健御大の「もう離しはしないよ☆ほら☆」のパートを小首を傾げるなどしてぶりっこ全開で歌ってほしいです。

どっちがあざといかな。いい勝負かな。

 

 

★キンプリ

Ash to Ash(A JACK IN THE BOX)

個人的にキンプリはBTNのイメージがめちゃめちゃ強いので、強めな曲をチョイス。

ド初期カミセンの、まだ見え隠れする幼さを勢いで乗り越えていくような、オスみ溢れる曲。

カモン!カモン!カモン!と6人に思いっきり煽ってほしい。

 

 

SixTONES

NEXPLOSION(V6 LIVE TOUR 2008 VIBES 特典)

V6イチのギラギラ曲といえば!!私はこれを推したい!!!!!

あまりメジャーな曲ではないけども!!!!!

前回記事でゴリ推ししたVIBESコンのオープニング曲です。

 

この曲は同ツアーDVDの特典曲で、つまりコンサートのド冒頭に未音源化・未公開曲を持ってくるという超強気っぷり。(この時まだV6担ではなかったのでラジオなどで公開はされていたかもしれません…)

東西のド冒頭がIN THE STORMだったから良かったものの、Amazing!!!!!!だったらスト担は全員海の藻屑と化していたのでは???やばいでしょ???そういう曲です。

ラップあり、炎はドンドコ出る、顔がかっこいい、それだけで推せる1曲。

NHKホールでやる曲ではない気もするけど、この際気にしない(笑)

 

OK(only dreaming通常)

「もっと君を感じていたい もう一度だけこの腕に」

ワンナイトラブソングというか事後ソング

GUILTYとめちゃくちゃ迷ってこっちにしました。GUILTYも不倫ソングです。

無機質なオートチューン1音1音に厳密に重ねられる一糸乱れぬダンスと、広がるように伸びていく歌がとにかく魅力。

ダンス・歌、さらにはセルフプロデュース能力のレベルも高いストに是非とも歌ってほしい1曲。

レーザービームをバンバン焚いてスモークも焚いてNHKホールを丸ごと抱いてほしい。

 

Swing!(LIGHT IN YOUR HEART)

こちらは一転雰囲気を変えて。

"V6のわちゃわちゃ!" まさにそのもの、といった感じの明るくて陽気なアッパーチューン。

古典的なジャズの要素も取り入れたとっても盛り上がる1曲です。

なぜこれを選んだかというと、少プレSwing!の6人の雰囲気がストの雰囲気によく似たものを感じたから。

ストってやっぱりKAT-TUNのイメージが強いんじゃないですかね?

でも私は意外にV6みたいになるんじゃないかな?と考えています。

ストは強い曲を歌いがちだけども、こういう陽気な曲こそ6人6様の自然体の良さが出るんじゃ?と思います。

Left! Right! Left! Left! Right!とダンスもかわいいし、C&Rもとても楽しい。

キラキラ輝くストが見たい。

 

 

★Snow Man

FLASH BACK(君が思い出す僕は君を愛しているだろうか)

島12/27に三宅健御大がバックを引き連れ帝劇に…!

その時に歌ったうちの1曲で、ご覧になった方はご存知だと思うんですが(超うらやましい)1曲ガッッッッッッッツリ踊るめちゃくちゃかっこいい曲です。

世界で活躍されるコリオグラファーによって振付された曲で、6人のフォーメーションがどんどん変わりながらがっつり踊ります。

6人組でめちゃくちゃダンスのうまいグループに踊ってほしい1曲。

6人で踊るからこそ良さが出る曲。

是非ともこれはすの6人で踊ってほしい。だってひーくん振り付け入ってるもんね。おどれるよね!

 

サンダーバード-your voice-(Super Very Bestなど)

「そうさヒーローになれるいつでも 大切な人のためならば」

学校へ行こう!で灘6が文化祭で踊った曲です(20代以上にしか通じない…)

今度は一転さわやかなダンスナンバー!

最初から最後までこの曲もがっつり踊ります。イントロの5カウントからのダンスがかっこよすぎる!すのに踊ってほしい!きゃー!

ヒーローをテーマに歌っている曲ですが、「一人じゃハーモニー描けない 集まれば自然に響くメロディー」とそっと背中を押すような曲。

Bメロの坂本君をセンターに残りの5人が周りを囲んで踊るところを、ひーくんセンターにしてほしいなあ。

すの的には物足りないと思うので、是非アクロバットも取り入れて下さい。

スカリミとかもガンガンアレンジ加えてたもんね。

 

シュガー・ナイトメア(Voyager)

the pillowsが楽曲提供した曲。

歌詞の世界観がマジでthe pillowsだからとにかくまず歌詞読んで。ロマンチックでどことなく非現実的な、おとぎ話みたいな、それでいて夢が広がるような。まず砂糖と悪夢をとり合わせるセンスがやばい。

ダンスのイメージが強いすのだけど、ミスジェラのどことなく気だるい雰囲気のダンスを見て、こういう曲でこういう抜いた感じの踊りが出来るのか・・・!と感動したので、是非ともすのに歌ってもらいたい。

すのならこの曲の独特のゆる〜くて、メルヘンな独特な雰囲気を表現してくれると思います。

この曲にダンスがついたらどんな感じになるんだろう。きっとすのが踊るなら素敵なんだろうな。

 

 

★すのすと

Over Drive(Volume 6)

長野博さんと森田剛さんのユニ曲。通称オバドラ。

こら!!!!オバさんとドラ息子じゃないから!!!!!!

イントロの車がドリフトするときのような音からテンションがブチ上がる。

運転中に聞くとちょっと運転が荒くなっちゃう、そんなお茶目な曲。

ほぼほぼラップ調のロック曲で2人の個性がぶつかりあい融合する、掛け合いの要素が強い曲です。

すのすとでがっつり掛け合って、がっつり踊って、ダンスバトルやラップバトルみたいな感じのパフォーマンスが見たい。アクロバットも見たい。

 

 

Travis Japan

Nostalgie(VIBES)

絶対どう考えてもトラジャってめためたV6の曲似合うくないですか?

そういうわけで、トラジャちゃんの人数とダンスを最大限に生かせる曲を選びました。

この曲はイントロのソーメン衣装・千手観音ダンスが有名ですが、トラジャちゃんにはイントロのみならずフルで踊ってほしい。

トラジャはV6の団体芸みたいなダンスが本当に似合うと思う。さらに人数が増えて圧巻のダンスを見せつけてほしい。

曲もダンスナンバーというダンスナンバーじゃないけど、トラジャちゃんなら踊ってくれるよね?!御察しの通り私はトラジャのダンスに対して絶大な評価を寄せています

 

You know?(way of life通常)

私個人が好きなV6曲ナンバーワン。

この曲をあえて自担Gじゃなくてトラジャちゃんにやってほしい!と思ったのは、この曲が本当に本当に好きで、この曲のダンスが本当に本当に好きだから。

本家はそこまでめちゃくちゃ踊るわけじゃないけど、アレンジでもいいからこの曲をガツガツ踊るトラジャちゃんがみたいです。

 

Mission of Love(Sexy. Honey. Bunny!通常)

やっぱりトラジャちゃんにはイントロで人数の多さを生かしたダンスをしてほしい。

「星が流れるその前に時を止めて」「きっと泣いてないふりは傷を深くする」

歌詞もオシャレで素敵だから、スタイリッシュなトラジャちゃんによく似合うと思います。

落ちサビは宮近くんの透き通る高い声で歌ってほしい。

 

 

Love-tune

Crank it up!(only dreaming通常)

イントロからテンションブチ上がるし、煽りがめちゃめちゃ楽しくてめちゃめちゃ盛り上がる曲だから、らぶには思い切り踊って思い切り煽って思い切り盛り上げてほしい曲。

一生のお願いだから、阿部顕嵐さんには「今日イチのピーク」の "ピーク" の所でニカっと笑いながらピースしてほしい。岡田がセクバニコンでやってたやつ。

ダンスもかわいいよ。

 

POISON PEACH(バリバリBUDDY!)

この曲は私に演出振付させてくれ・・・!

最初の「Yeah...」を安井姐さん。フォーメーションはV字でセンターが安井姐さん。

最後の「POISON PEACH!」も安井姐さん。

ガチガチのダンスナンバーというよりは、すごく色気たっぷりなアダルティーな曲だからこそ、安井姐さん中心に思いっきりエッチに歌ってほしいです。

 

選ぶ前に飛べ(V6 LIVE TOUR 2008 VIBES 特典)

らぶはバンドしてるより踊ってる方が断然好きなんだけども、これはバンドでやってほしいかも。ギターもベースもドラムもキーボードもあるし。

作詞作曲井ノ原さんでラップの言葉遊びが巧みな面白いかわいい曲です。

この曲を選んだ理由は、曲中に何度も出てくる「選ぶらぶ!らぶ!らぶ!らぶ!」という歌詞の部分をLove-tuneにがっつり煽ってほしいからです(笑)

 

 

★らぶとら

BEAT OF LIFE(涙のアトが消える頃)

全員でジガジガしてほしいの〜〜〜〜〜〜!!!

先日放送少クラのらぶとらのRELOAD好きな人は絶対好きだと思います。

オシャレなジャズナンバー?なのかな?

ハットかぶるなり何なりしてオシャレにスマートにガツガツ踊ってほしい。

 

 

★HiHi JET

MIRACLE STARTER〜未来でスノウ・フレークス〜(GREETING、Very Best)

「若い僕らは未来で奇跡 誰とも違う輝きをやろう!」

V6にも「若い僕ら」とか言ってた時期もあるんですよ…当時V6平均年齢19.8歳です…

クリスマス時期には昔は少クラでも定番だった曲。

サビの肩を揺らすダンスがチョーベリベリ可愛い。

歌詞の通り、少年からだんだんと青年になりゆく彼らに歌ってほしい曲です。

 

Hands up!OK?(バリバリBUDDY通常)

こちらは結構新しい曲。

コンサートでもバッチリ盛り上がる突き抜けて明るい曲です!

「悩んでもいい!ぶつかればいい!今を出し切れ!」「迷ってもいい!弾ければいい!今を楽しめ!」とハイハイちゃんに応援してほしい。

おばちゃん頑張れる気がする。

 

COSMIC RESCUE(Super Very Bestなど)

「僕らの可能性はあの星の無限さえ軽く超えるはずだよ!」

コスレスは一番V6がキラキラしてアイドルアイドルしてた頃の曲で、まあまあがっつり踊るので、是非ともHiHiに踊ってほしい。

ダンスの中でもイントロのバックスキップと、サビの腕を回しながら足を上げる振りが可愛い。

ハイハイらしくローラースケートで出てきても似合う曲だと思います。

 

 

★東京B少年

CHANGE THE WORLD(Super Very Bestなど)

「高鳴る未来へ手を伸ばせば輝けるはずさ!」

あれだよあれ・・・!犬夜叉の曲です!もしや20代以上にしか通じない?

勇気100%のB少年が可愛かったので、こちらも似合うかな…?と。

ダンスもかわいいし明るい曲なので、思い切り元気よく歌い踊ってほしいです。

Bメロでジャンプしてペンラを突き上げるのがコンサートでやるのが楽しい。

実は「明日の見えない夜何も信じられず耳をふさぐ」って明るい曲調なのに歌詞はまあまあ重いよね。いい歌です。

 

Catch(only dreaming)

「つかめ君の未来まだ見ぬ世界今ここから始まる!」

なんだかハイBには昔のV6の歌を歌ってほしい欲望が強すぎるみたいなので、結構最近の曲を。

まずイントロが超かわいいよね〜〜〜〜!

イントロで元気いっぱいキラキラ踊ってほしい!

那須くんに諦めるな!諦めるな!って応援されたい欲がやばい。

どちらかというとV6→若い世代への応援歌って感じの歌だけど、B少年が歌ったら等身大の応援ソングになると思います。

 

Forget it all(Hello-goodbye)

雰囲気としてはBe cool!に似てるかな〜〜?

こういう短調の歌を踊りながら歌うのも似合うと思う。特にサビが似合うと思います!

世知辛い世の中で〜」って今の15歳が歌うのはかなり古風な15歳だけども…

でも今のご時世誰もボルサリーノを粋にキメてないから大丈夫だよね。うん。

 

 

★ハイB

Live Show(Voyager)

一応10年前の曲だから、平均年齢も30歳くらいの頃の曲のはずなんですがね…?

とにかくかわいい。曲調がかわいい。

「恋する少年のように待ち焦がれてたこのSTAGE」とアイドル王道ソングです!

そうですこの頃が私が考えるV6アイドル全盛期です!

コンサートでも盛り上がる曲だし、ガンガン踊るし、みんなキラキラ輝いてる。

ハイハイ単独でもなく、B少年単独でもなく、大勢のかわいい子たちでキラキラ輝きながら歌って踊ってほしい曲。

「みんな今輝け!」

 

 

★アンコール(全員)

Life goes on(Very bestなど)

イントロから盛り上がるよ〜〜〜〜!!!

ちびジュも交えて可愛いダンスを踊りながら、トゥルットゥットゥル〜を全員でしましょうね!

 

羽根〜BEGINNING〜 ("HAPPY" COMING CENTURY)

コンサートのセトリラストに何度も抜擢される、本人たち、ファン公認の良曲。BEGINNINGというタイトルなのにラストに歌われる最強のエモ曲です。

なんとこの曲をデビューたったの5年で歌うという早熟っぷり。

「文明とか情報追っかけていた でも大切なのはそんなことじゃない」

「何の変哲も無いこの自分を讃えるのさ」

とハタチそこそこのカミセンが歌ってしまうという奇跡。

重厚なAメロから始まり、壮大で力強いサビへ。前へ、前へと背中を強く強く押してくれる曲。

最初は暗転から平野紫燿さんとジェシーにスポットが当たって2人のソロ始まり。

Bメロからグループごとに徐々にスポットが当たっていき、全員でサビ。

Cメロのソロを京本大我さんが歌って、最後にまた全員でサビ。

ジェシー「来週もまたお会いしましょう、バイバイ」で、テロップ。

どことなく京ジェがゴリ推しなのは私がスト担だからです。許してください。

すごくオーソドックスだけど最高の演出を考えてしまったから、NHKは早急に私を演出家として契約してほしい。

 

 

◎おまけ◎

Sexy Zoneさん方に歌ってほしい曲も少しばかり選びました!!こっちもすごい楽しかった!!

この記事を書くためにV6の曲を手当たり次第に聴き漁ったんですが、実はV6とセクゾの親和性、意外と(?)いいんですよ……??!

 

Sexy Zone

New Day(only dreaming初回)

けんしょりのNew Dayではないです。曲調も全然違います。

この曲、カミセンfeat.トニセン曲なんですが、「カミセンfeat.トニセンってV6では・・・・?」って思いませんか?私も最初はそう思いました。

コンサート映像を見れば「これはカミセンfeat.トニセンだわ・・・」ってなります。

端的にいうとカミセンを授業参観するトニセンソングです。

カミセンパートを聡マリ勝利、トニセンパートをふまけんに歌ってほしい。

カミセンパートがちょ〜〜〜かわいいし、カミセンを見守るようなトニセンパート、ちょ〜〜〜萌える。

 

BREAK OUT(Timeless通常)

曲調が既に完全にセクゾ曲!!

落ちサビが坂本・井ノ原なんですが、ふまけんが歌ってるところが容易に想像できすぎる。

 

菊池風磨さん

12ヶ月(only dreaming初回)

恋人の死(おそらく)を歌ったカミセンのミディアムバラード。

これは何度でも何度でも言いたい、私はこの曲を絶対に絶対に、菊池風磨さんに歌ってほしい。歌ってほしすぎて今年のサマパラで歌ってくださいってファンレター書いた。何枚も。

「時間を戻せたら 君に会えたら」

「この腕でしっかり 抱きしめる」

「もう2度と君が世界から消えたりしないように」

「季節はすぐにすぎていくけど 僕は待ってたここで」

ほら……………菊池の世界でしょ………………………

歌詞も菊池なんですが、メロディーも菊池です。今までソロ曲でいろーんなエモい曲をエモく歌ってきたけど、そろそろ死別系悲恋曲はいかがでしょう?

あまりにも切なくて、コンサート中のカミセン3人も儚く消えてしまいそうでした。今のジャニーズでこの曲を表現できるのは菊池しかいない。

 

中島健人さん

Time's on my side(Voyager初回)

ジャニーズ界きってのミュージカルスター、昌行・坂本のしっとりとしたバラード。

昌行・坂本は歌い方、声どちらも癖がないので、何歌ってもだいたい上手いんですが、バラード歌うと歌のうまさが大爆発するんだよなあ。

「気づけば僕は大人になった」

23歳になった中島にしっとり、それでいて高らかに歌ってほしい一曲です。

You'll be in my heart(こちらもマサユキサカモトのターザンの曲)と迷ったので、きっと私の中ではマサユキサカモトと中島が被るみたいですね。脚長いしね。歌上手いしね。最年長だしね。

 

佐藤勝利さん

"悲しいほどにア・イ・ド・ル"(READY?初回)

アイドルの中のアイドル・三宅健ソロ。

正直中島も自分のアイドル像を甘んじてるから、中島と迷った。曲調もミスジェラと似てるし。

それでも、「これだから辞められないアイドル」「ほんとは君と何ら変わらない普通の少年で」って勝利くんが歌う姿がどうしても見たかったので勝利くんに。

「華やかなこの世界で愛や希望を振りまいて演じてる自分も決して嘘じゃない」と三宅健さんが歌う姿、アイドルとしての自分をあくまで貫く勝利くんと重なりませんか…?

 

松島聡さん

夕暮れオレンジ(Voyager初回)

三宅健のエモすぎるミディアムバラード。

春松竹で向井康二さんが歌ったソロ曲です。

Voyagerコンのスタンドマイクを使った演出があまりにも儚くて、妖精さんのようでした(真顔)

ブレマイがかっこいい感じのアップテンポ曲だったから、雰囲気を変えてこういうゆったりした可愛いバラードをを聡ちゃに歌ってほしいなあ〜と思って。

きっと似合うから。

「君の涙がこぼれる前に温めた言葉をとりだして、君にの心に届けるように耳元で愛を囁くよ」

そんな世界早く来て。おねがい。

 

マリウス葉さん

Black-out(Hello-goodbye)

カミセン何で英語で歌ったしソングです。

旋律、歌詞、カミセン3人の声どれをとってもかっこいいロックなのに、ただただ発音がカタカナ読み。中学生よりひどい。かわいい。

だって森田剛くんtogether知らないもんね。絶対に歌詞の意味とかわかってないよね。

だからマリウス大先生にどこぞの洋楽かってくらいオッシャレに歌ってほしいです。

おねがいします。

 

★しょりふまけん

Gram-8(ジャスミン初回)

トニセン曲。

猟師みたいな毛皮のベスト着て前から風とか吹いてくる曲です。

「その日々の向こうに何が待っているかなんて知りたくない?」「その日々の向こうに誰が待っているかなんて知りたくない?」

と未来に向かって貪欲に手を伸ばすサイコーにギラギラした歌です。

トニセン曲って落ち着いた曲が多くて、なかなかJr.や若い子が歌うとイマイチ合わない曲が多いように思うんですが、この曲は大人っぽいけどギラギラした野性味溢れる曲なので、是非今の3人に歌ってほしいな。

 

★聡マリ

ずっと僕らは(musicmind)

岡田・森田曲。

ささやかないいことあったらハッピーだよね!かけがえがないね!うれしい!そんな日々を大切に生きていこう!みたいなまったりした曲。

↑この時点で聡マリに歌って欲しくないですか???私はそうです

 

★風磨聡マリ

Unlimited(∞INFINITY)

昌行・坂本と剛健による授業参観ソングです。(V6は授業参観ソングがちょいちょいある)

端的に言うと、チビッコ剛健を見守る坂本昌行の歌です。

どうです?風磨聡マリに被りません?

この3人はこの曲から取って "アンリミ" と呼ばれています。

途中まで剛健の声しかほとんど聞こえなくて、坂本さんは?ん?と思ったら最後に坂本さんの美声が爆発します。

「僕のことをいつだって信じてほしい、君のことをいつだって愛してるよ」

マリ「僕のためにいつだって笑顔でいて、君のためにいつだって頑張るから」

信じます!!!笑顔でいます!!!

そして菊池風磨さんには幸せの温度を感じる聡マリをいつも優しく見守っていてほしい。

菊池「悲しい涙もほら 想い出に変わって笑顔につながるだろう」

今の3人が歌うと深いかもしれない。

 

★けんしょり

恋と弾丸(musicmind)

坂本昌行三宅健コンビが恋弾と呼ばれる、その所以の曲です。

私の中では坂本昌行中島健人三宅健佐藤勝利なのかもしれないです……

でも方向性としては間違ってないような気がする。

坂本くんもケンチーも脚長いし。歌上手いし。三宅さんも勝利くんもアイドルの中のアイドル!!だし。

2人ともお顔立ちがはっきりしているので、この曲の濃い〜〜〜〜〜こってりねっとりとしたジャズの雰囲気がよく似合う!自信を持って言える!

 

★ふまけん

NO"FIN"(Voyager初回)

これは岡田ソロ曲なんですが、どうしても背中合わせ系シンメ曲にしか私には聞こえないので是非とも是非ともふまけんに歌っていただきたい。

「かばい合って信じ合って歌い続けた」

「競い合って支えあって踊り続けた」

「だけど僕らの旅はまだ決して終わってはいないさ」

「その両手を離さないで」

入所日1週違い、B.I.Shadow時代から今に至るまでずっとシンメとして、信じ合い競い合ってきた、そんなふまけんに是非とも歌ってほしい1曲。ふまけんの旅はこれからも続いていく。

 

 

★勝利聡マリ

Our place(ジャスミン初回)

カミセンの二大かわいい大正義曲のもう1曲。とにかくんんん超〜〜〜可愛い。

しかもこの曲ね。コンサートで。

赤いバラ持って踊るんです。3人とも。

もしや………… "赤いバラを持って歌う" という行為のルーツなのでは…………………………??多分違うけど。

もちろんもちろんメロディーもどちゃどちゃに可愛いくてそれだけで岡田准一の尻に毎分5万くらいぶち込みたくなるような曲なんですが、何よりも歌詞が可愛い。

「監視カメラすり抜けてキス」「夜明けのグラデーションにオレンジのライン」「バスタブにあふれそうなyour eyes 涙の線を辿る」

言葉のチョイスがオシャカワすぎるーー!

しかも「僕が守る〜」とか言っちゃう。守れなさそうなのに。(多分岡田は守れる)

皆さんは勝利聡マリに守られたくないですか??私はチョーーーー守られたい。だってかわいいから。

どうやら私の中では勝利くん=三宅健、聡マリ=剛准のイメージがあるみたいなのですが(先述)ここは歌割りを変えたいと思います。

岡田→勝利くん

剛→松島聡さん

健→マリで行きます。

完璧。

勝利「地下水路逃げ出し抜け出すのさ」

「暗闇でHold on, Please 戻れない Your daddy is angry」

マリ「GirlsからAdultsに変わるときさ〜」

ッカーーーー!!!かわいいね!!!!

 

 

 

以上です!

薄々勘付いてる方もいらっしゃるかとは思いますが、Jr.に歌ってほしい曲〜〜〜〜〜〜〜!と言いながらも、私が他担の方に一度は聞いてもらいたい!と思っているV6曲の巧妙かつ盛大なダイレクトマーケティングでした!!

なぜなら前回のV6のすゝめ書いたときに全然V6曲について話し尽くせなかったから〜〜〜〜!!!!!!

ほんとにJrのみんなに似合うと思って真剣に選んでるけどね!!

久々にV6のプレイリストひっくり返す勢いで聞き返しましたから!!!

 

かなりたくさん紹介して目も滑ったかと思うんですが、気になった曲、聞いてみたい曲はございましたでしょうか?? ?

 

当方他のデビュー組曲には言うほど詳しくないので、他のデビュー組とJr.担を掛け持ちされてる方が考えるJr.に歌ってほしい曲も気になります!

もちろんV6のこんな曲どう?!とかもあったら教えてくださいね!!一緒に「アァーーーワカルゥーーー!!!!」しましょう!

読みますのでブログ書かれたら教えてください!!(小声)

 

お読みいただきありがとうございました!

V6のすゝめ 〜まず何に手を出すべきか?〜

クミちゃーん!

オタクオタク!!

え?3月18日のMステを見て?V6が気になったけど?歴史が長くて?何から手をつけていいか分からない???

…………………ダメオタク。

いい?

何から手をつけていいか分からない?

 

じゃあ、質問です。

クミちゃんは、8月31日、全然やってない夏休みの宿題、どこから手をつけますか?

 

f:id:luneenpassant:20170319030122j:image

何も考えず、手をつけない? 

 

 

 

先日の3月18日放送分のMusic StationにV6が出演し、Can't Get Enough(通称ゲリィナフ)が披露されました。

嬉しいことに私の周囲では予想以上に他担の方からの反響が大きく、V6気になる!見てみたい!聞いてみたい!という声をチラホラ散見いたしました。

 

そこで、思い切って他担の方を狙ったV6宣伝ブログを書いてみました!

なお、当方2009年頃からのV6担でべらぼうに歴が長いわけではありませんし、かなり好みにも偏りがあるかとは思いますが、ふーーーーーーんと聞き流し(見流し)参考程度にしていただけると幸いです。

 

 

 

1. Johnny's Web(通称ジャニウェブ) 

このブログを読んでくださってるジャニオタの方には、ジャニウェブを登録されている方も多いのではないでしょうか?

月額たったの324円でジャニタレのブログ読み放題!というあまりにもコスパの良すぎるサービスですが、これって推しタレントが多ければ多いほどお得感があるんですよね。だって何人読んでも324円なんだもん。

読むしかないよね。読むしかないわ〜。

ジャニウェブ登録してるけどV6の読んだことねえわ〜…という方には是非読んでほしいです。月額324円で見放題なので。

 

1-1. にこにこ健°(通称にこ健)

これはもしかしたら私が宣伝するまでもなくあまりにも有名かもしれませんね・・・?!

アイドルの中のアイドルこと三宅健さんが毎週日曜日夜更新!メンバーの誕生日の日にも更新!するおしゃれブログです。

若手(V6に比べてということですので便宜上このように記載します)Gのブログでも写真が掲載されることも多いとは思いますが ・・・

 

 クリック 

 

 

完全に顔出ししてるジャニタレってかなり少ないですよね、国分くんはタヒチでは顔出ししてますね!

なんとこのにこにこ健、高確率で三宅健さんのおしゃれ私服写真・しかも顔出し!!!が掲載されます!

過去には20周年コンオーラスアンコで健くんのiPhoneで自撮りした6人の写真もアップされたことがあります。

しかもこのおしゃれ私服写真が、オタクの心をギュッッ!!とつかむ表情・ポーズの写真で、これがまたポエミックでエモい言葉(しかもだいたいオタクを煽る言葉)が添えられていることにオタクは掌の上で転がされ、トゥンク・・・となりながら、毎週日曜日の夜に「待て」をされたわんちゃんのように更新を待つのです。

 

だいたいやかましい活発なV6担をフォローして頂ければ、更新されると「にこ健!」というダイイングメッセージを残した後、しばらくツイッターが更新されず、その後「はあ・・・・・・にこ健・・・・・・・」という謎の匂わせツイートとともに戻ってくる(しかも瀕死)、というある意味更新通知に似た現象が毎週必ず起きるのでわかりやすいかとは思います。これは通称「にこ健ののろし」と呼ばれています。

是非ご一読してみてくださいね!

 

 

1-2. クルマでグルメ(通称クルグル)

こちらは年間1000軒!外食するアイドル界のグルメ王こと長野博さんが毎週土曜日昼に更新しているグルメブログです。

こちらももしかしたら有名かもしれませんね…何を隠そう、長野博さんが好きなこと(主に車とグルメ)について語る、平たく言えば、オタクブログなんですが、何しろ年間1000軒外食するようなとんでもないグルメ通ですので、一般人の食事に対する認識とはかなりかけ離れた内容が、あくまでも淡々と(ここが恐ろしいところ)OLの食レポのような文体で綴られています。

パワーワードも多く、読んでいて(・・・・・???)と自分の「食」の概念がもしかしたら間違っていたのではないか?と錯覚させられることすらあります。

多分あなたの食に関する認識は間違ってないし、長野博さんがかなり特殊ですのでご安心ください。

 

 

1-3. M gallery

こちらはV6の脚長歌うま最年長坂本昌行さんがお絵かきをする、というなんとも可愛らしいコンセプトのお絵かきブログのようものなのですが、残念ながらここ何年も更新されておりません。

誰かが更新しろよ!って雑誌かなんかでだいぶ前に発言してたような。

絵も一つ一つ相当ハイクオリティなのですが、M galleryを開いたときに書いてある坂本昌行さんの言葉が、成人男性とは思えないくらいにどちゃどちゃにかわいいので是非覗いてみてください。

 

 

 

2. CD

とりあえずこの記事は、「今までV6のCDをあまり聞いたことがない方が、読み終わったら即ゲ○もしくはツ○ヤ等に駆け込みCDを借りてくるような記事」をコンセプトに書いているので、是非これは聴いて欲しい!というアルバムやシングルを厳選して書きます。

もちろん買ってもらえるのが一番嬉しいのですが、わたしの至らぬ文章力では残念ながら販促には程遠いかとは思いますので、とりあえずこれ読んだら、○オかツタ○には行ってください。お願いします。

少しでもV6をかじったことのある方には物足りない内容かもしれませんが、もちろんおすすめしたいシングル・アルバム、楽曲は山ほどありますので、もし興味がおありでしたらこれ以外に何かおすすめありますか??とわたしに訊いてくださればお教え致します!!

大歓迎!!!

 

 

2-1. Super Very Best(2015)

20周年を冠してリリースされたベストアルバムです。

1995年〜2015年までにリリースされた全シングルが収録されています。

手っ取り早くシングル聞きたい!とお考えのあなたのポータブルプレイヤーにV6を導入するにはぴったりのアルバムです。

MUSIC FOR THE PEOPLEに代表されるユーロビート系に始まり、愛なんだでポップ系へと方向転換し、王道アイドルソングを歌う若さ溢れる時期、アイドルとして脂の乗り切った時期、新しい形を模索する時期、大人アイドルとして落ち着いた時期、20周年に向かう時期…と、様々な変遷を経て今のV6に至る壮大な歴史を、45曲で振り返ることのできるアルバムです。

20代30代の方は学校へ行こう!ドンピシャ世代かと思いますので、懐かしい曲もたくさんあるのではないでしょうか??

こんな曲も歌ってたんだ!?!というのも、もしかしたらあるかもしれませんね。

 

通常盤、初回A、初回B、HMV盤がありますが、いずれも全シングル45曲に加えて新曲ないしは初音源化曲1曲が収録されています。

 

通常盤には初音源化のSP "Break the Wall"がシークレットトラックとして収録されています。

岡田准一さん主演のドラマ・映画「SP」のかの有名なサントラのアレンジで、2011年のセクバニコン(後述します)で初披露された後、4年の時を経てついに音源化されたファン待望の曲です。

英語詞の多い曲なんですが、長野博さんのソロパートだけ一度も英語が出てこないところがミソ。

 

初回Aには20周年にあたり6人が作詞を、井ノ原快彦さんが作曲した〜此処から〜が収録されています。

2015年のジャニーズ楽曲大賞では9位になりました。

後述するWait for youがファンとV6のための歌なら、この曲はまさに6人のための歌。Wait for youがV6とファンの "未来" を臨む歌なら、この曲はV6の "過去" を振り返った歌。

このタイトルである「此処から」が20周年を迎えて「此処から頑張っていこうな!」ではなく、歌詞中にもある「此処から居なくならないで」というあまりにも切実で直球で切れ味抜群の重〜いメッセージが由来で取られています。

ちなみに、この「此処から居なくならないで」という歌詞を書いたのは、森田剛さんです。

 

初回Bには2015年ジャニーズ楽曲大賞で2位になった、Wait for youが収録されています。

昨年のSummer Paradise 2016 風 are you?で菊池風磨さんがやってましたね!

20年前、MUSIC FOR THE PEOPLEで「寂しくさせても許してくれ」「帰ってくるまで待っててくれ」と歌った彼らがが、20年の時を経て「一緒に来てくれないかい?」と歌います。

バージョン違いでピアノバージョンもあります。

 

HMV盤にはHelloというこれまたエモい歌が収録されています。

コンサートでもほとんど披露されておらず(おそらく札幌とオーラスのみ?違ってたらごめんなさい)、音源化はされているものの、かなりレア感のある曲です。

死をテーマにした重い歌なのですが、歌詞もメロディーもしっとりと優しく、とにかく深い素敵な曲です。

 

どの盤もいいので、どれも自信を持ってオススメできます。

 

 

2-2. READY?(2009年)

これは個人的に「V6聞いたことないんだけどなんかおすすめない?」と聞かれたときに必ずオススメしているシングルです。なんなら貸す。聞いてくれ。

 

これを私がしつこく推したい理由は以下の3点です

・シングル、アルバム曲のジャンルのバランスがよい。バラードありダンスナンバーあり可愛い曲ありラブソングありしっとり曲ありパリピ曲あり。

・どれがシングルでどれがアルバム曲なのかかわからないくらい、全曲クオリティが高い。それもそのはず、13曲中9曲にタイアップがついてる。

・6人曲13曲+トニ曲+カミ曲+6人ソロの全21曲の贅沢すぎる構成。

 

V6なんでもできます!こんな歌歌っちゃいます!こんなレパートリーもやります!といろんな側面を、まるでクルクル変わる表情のように見せてくれるアルバムで、個人的には作品としての完成度が最も高いアルバムだと思っています。

まさにアイドルとして脂の乗り切った時期に作られた最高のオリジナルアルバム。

これを語らずしてV6は語れません。

 

ちなみに、今かなり手に入りにくくはなってるんですが、 "通常初回盤" という初回なのか通常なのかよくわからん謎の盤が実は存在していまして、14曲目にSILENT GALAXYというめちゃめちゃ超絶クソカッケェ宇宙曲が収録されています。

途中、井ノ原快彦さんが燃えたりとかします。(語弊)

10ksのハイフンセレクションみたいにファンセレクトアルバムがあれば、おそらく選ばれる曲なんじゃないかな?と思ってます。

それくらいレアで人気の高い曲です。

……聴きたくなってこないですか??

 

 

2-3. Can't Get Enough/ハナヒラケ(2017)

MステでCan't Get Enough見てよかった〜〜〜〜〜って思ったからこれ読んでくださってるんですよね?ありがとうございます!じゃあ借りてください!もしくは買ってください!

それに尽きます!

このシングルについてはこないだもガンガン壁打ちしながら宣伝しました。待ちきれずCan't Get Enough/ハナヒラケの感想を述べる - 先天性デリカシー欠損症

このシングル全体については簡単に言及するに留めますね。

百聞は一見にしかず、百宣伝は一聞にしかず!!!!

自信を持ってオススメします。

今なら買うとドリフェス映像ついてきます!!

 

 

 

3. コンサートDVD/Blu-ray

コンサートについては、「V6のコンサートを見たことがない人がこれを読んで、身近なV6担から今からDVDを借りたくなる記事」を目指します。

 

基本的にはV6のコンサートにはバックダンサーは付きません。2001年からバックなしで15年以上、基本的には6人だけのコンサートをやっています。

コンサートの箱はアリーナです。アリーナですから、セットもドームほど派手ではありません。演出も派手ではないです。

その代わりに、1曲目からガンガン踊り、縦横無尽にアリーナを駆け巡り、バクステで踊り、センステでも踊り、花道でも踊り、アリトロにも乗るし、スタトロにも乗るし、たまにクレーンにも乗る。

とにかくアリーナの空間全てを目一杯使ったコンサートです。

そして、喋る。話も面白い。話がうまい。

なんたって日本の朝の顔、井ノ原快彦さんがいますから、MCつまんねぇなって思ったことが今まで一度もありません。

とにかく3時間とっても楽しいコンサートです。

 

 

3-1. V6 LIVE TOUR 2015 -SINCE 1995〜FOREVER- (2015年)

通称:アニバコン、フォエバコン、20周年コン

 

嵐がバックについたことで有名なコンサートです。

 

これについては、まずこれを言いたい。

このSince 1995〜Foreverってツアータイトル、 1996年リリースのファーストアルバムとタイトル同じなんですよ 。

10周年シングルUTAO-UTAOのMVに出てくるタイムカプセルにも同じ言葉が書かれてるんですが…

Since 1995〜Foreverってタイトルをファーストアルバムに1996年につけちゃうのエモい。

それを10周年シングルのMVに持ってくるのが二重にエモい。

さらにそれを20周年ツアーのツアータイトルに持ってきちゃうの三重にエモい。

オタクそういうの好きじゃないですか?

私は大好きです。

 

このコンサートについては前にも書いたんですが、何しろ長いので適当に引用します。

 

まずオススメしたいのは太陽の当たる場所。

SixTONES担の方はもれなくこの曲お好きだと思うんですが、本家も負けず劣らずエモい。

「早く大人になりたいと夢見てた」って20周年を迎えたカミセンが歌う。

そしてその後のみなさん大好きジャニーズ事務所の社歌であるCan do! Can go!本家でJr.担と元Jr.担はターンエンドです。生きて帰ってこれない。

 

次に先述の20周年ベストアルバム通常盤に収録されているSP "Break The Wall"。

特筆すべきはMC前のSP "Break The Wall"でしょう。
(中略)
次々とソロパートを変えながら、絶えず踊りながら、レーザーの海の中を駆け抜けるテンポの速い5分16秒のダンスナンバー。
V6のコンサートでは1番 +(Cメロ)+ラスサビというダイジェスト構成で次々に曲が転換していくのがスタンダードですが、この曲はフルバージョンで披露されました。
しかもMC前、それまでにすでにコンサート前半に何曲も踊ってきた後に5分16秒踊りっぱなしのナンバーを持ってくる強気です。

とにかくやばい。

 

そしてMCを挟んだのちに、シングル45曲のうち39曲をアレンジ・マッシュアップした怒涛のメドレー、39 symphony(サンキューシンフォニーと読みます)を駆け抜けます。

 

ちなみに嵐がバックにつくのはアンコール1曲目です。

三宅健さんの前髪が終始いい仕事をしています。

セクシー泥棒される坂本昌行さんと、その後ろから茶々を入れる長野博さん。

岡田准一さんが三宅健さんを押し倒したり、長野博さんに痴漢とかしてます。

 

3-2. V6 LIVE TOUR 2008 VIBES (2008年)

通称: VIBESコン

 

岡田准一さんが演出、森田剛さんが衣装を担当したコンサート。

まだ若い!今でこそ可愛らしいおじさん然していて、せいぜい時折昔チャラかったんだろうな〜という片鱗を見せるくらいですが、この時はまだ尖ってます。ギラギラ。

尖りつつも、今のパフォーマンスの雰囲気も見せつつ、というちょうど過渡期にあたります。

とにかく踊るし、メンバー紹介で自分たちにスポット当たってないのに残りのV5バク転とかしてる。なんでだよ。

クロバットもまだバンバンやってるころです!本編後半で連続アクロバットします!なんてお茶目!

見どころは、冒頭のテンションがぶち上がる始まり方。

カミセン曲がとにかく可愛すぎる。

なんかえっちなセット(通称: エロパスタ)が出てきてV6に巻きつく。

坂本昌行さんの脚の長すぎるタップダンス。

床を転がるトニセン。(30代半ば)

プロジェクションマッピングを使ってV6が大量増殖。

岡田准一さんがまだゴリラじゃない。

森田剛さんのデザインした衣装がかわいい。

 

 

3-3. V6 LIVE TOUR 2011 Sexy. Honey. Bunny!(2011年)

通称: セクバニコン

 

READY?がV6最高のアルバムならば、私はこれをV6最高のコンサートと呼びたい。

前年のV6 ASIA TOUR 2010 in JAPAN "READY?"のc/wコンサートという位置付けで、セトリも今まで披露されていないカップリング曲やソロ曲を中心に構成されています。

センターステージ構成でまさに360度会場の空間を贅沢に使ったコンサートです。

見どころは、このコンサートで初めて披露されて以来根強い人気を誇るSupernovaのポールダンス。

同じく初披露されたSP "Break The Wall"。

Medicineの可愛すぎる三宅健さん。

官尾のえっちすぎる森田剛さん。

岡田准一さんにキスを迫る坂本昌行さん。

ソロ曲前に暗転ダッシュキメる岡田准一さん。

ピンクが似合いすぎる長野博さん。

後半で着ている背中に白いフリンジが付いた青いスーツ衣装(通称:ソーメン衣装)で6人がターンする瞬間に天使の羽みたいに見えます。かわいい。

 

 

 

以上!!!!

すごーく長くなりましたが、これを読んだあなたがしなければいけないことはとっても簡単です。

 

まずはジャニウェブをみていただく。

次に、そのままゲ○かツタ○に行っていただいて、上述のCDを借りてくる。興味を持って他のCDに手を出してもOKです。

最後に、お近くのV6担に「フォエバコンと、バイブスコンと、セクバニコンが気になるんだけど…」と言ってみる。

近くにV6担がいなくても安心してください。

Amazonを開いていただいて、この3-1〜3-3のタイトルをコピペして検索欄に貼り付けましょう。通常盤なら5000円あれば手に入ります。

 

こんなんじゃ物足りないぜ!もっと知りたい!というオタクの方がいらっしゃったら私の分かる範囲でしたらお答えしますし、オススメのCD、DVDなんかもお教えしますので、お気軽にご一報くださいませ。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!!!

V6の素晴らしさがますます世間に見つかりますように。

待ちきれずCan't Get Enough/ハナヒラケの感想を述べる

こんにちは。

ジャニ事感想壁打ちブログとして始動したはずのこのブログですが、文章力の至らないばかりに、うまく自担の舞台や円盤の感想をお伝えすることもできず、趣味のコスメに逃げ気味でしたので、ここらで軌道修正したいと思います。

先日はパーソナルカラー診断についての拙い記事を読んでいただきありがとうございました。

私の記事を読んでパーソナルカラー診断してみたい!と思ってくださった方がたくさんいらっしゃり、嬉しい限りでした。

 

 

さて

 

本日3月14日はV6新曲Can't Get Enough/ハナヒラケのフラゲ日!

MVもすでにプレスリリースされており、三宅健のラヂオV6 Next Generationでもc/wも含め4曲全てその全貌が明らかになっておりましたが

まず、一番の話題がビジュアルがよすぎるあまりかV6のご尊顔をうまく拝めないジャケ写(通常盤)

f:id:luneenpassant:20170314213448j:image

一説では心の綺麗な人には止まって見えるとの話も

 

あなたはどちらに見えますか?

 

 

そして、裏面おしゃれー!

f:id:luneenpassant:20170314214024j:image 

VIBESを髣髴とさせるような、それでいてオトナなジャケ写ですね!えっち!

 

そしてフラゲ日である今朝!まさに今朝!こんな朗報が!!

 

アァーーーーーーーーーーーーーーーー

私の中のいきものがかりがありがとうって伝えたくて………

 

ドリフェス?知らない・・・!という他担の方に簡単にご説明すると、

昨年10月23日に代々木第一体育館で行われたテレ朝主催のフェスで、V6がフェスに参加したのです!

もちろんV6の聖地・代々木での開催ということでホーム感はありますが、いきものがかり星野源エレファントカシマシPUFFY、レキシと他の名だたるバンド・グループのファンも大勢いらっしゃる中でのステージとなりました。

つまり、必然的に大半が非ジャニオタの真っ当な方々の前でのコンサートということになり、我々V6担も

(きっと定番曲なんだろうな・・・)

(WAか・・・)

(愛なんだか・・・)

(テイクミーか・・・)

(ハニビか・・・)

MUSIC FOR THE PEOPLEか・・・)

と、紅白や各種年末の音楽番組を控えているときのお得意の定番曲予想(しかもよく当たる)を各々胸に抱きつつ参戦したのです。

実はこの予想は半分あたり、半分はずれ、非ジャニオタの方々をも巻き込んだアツいライブになったのですが・・・

またこの話はしますね

要は今のV6を非V6担にもアピールしつつ、V6担もめちゃくちゃ楽しめる充実したコンサートでした。

私はこれを非V6担にこそ見て欲しい。

ご縁あってドリフェスを見に行くことができたのですが、当初V6分の放送予定はありません…云々とのお達しが事前にあったので、なんとか映像化してもらいたく、テレビ朝日とエイベックスとファミクラにどこどこ要望を送っていたのです。

ダイジェストでもいい!!!映像化!!!ありがとう!!!

フラゲ日まで特典を公表しない粋っぷり!!!オタク期待されてるね!!

 

頑張ろうなオタク!

今回ドリフェス前半!と銘打ってシングルリリースされたこと、9係主題歌とNHKみんなのうたタイアップが未音源なことを踏まえると、おそらく次のシングルでドリフェス後半映像が特典となる事が予想されます。

久々の年2リリース!

エイベックスってやっぱ他レーベルに比べて価格は少し上がるけど良心的だとおもいますね!安心と信頼のエイベックス!某ストームも見習えよな!

 

 

ここまで1800字も割きながらようやく本編に入ろうと思います。

 

 

・Can't Get Enough

三宅健のラヂオでゲリラ的に公開された、大人な雰囲気をこれでもかというほど漂わせたダンスナンバーです。

まさかのほぼ全編ファルセット曲。

過去にもBING♂(Oh! My! Goodness!収録)などV6のファルセット曲はありましたが、ほぼ1曲通じてファルセット曲ってなかったのではないでしょうか・・・??

BING♂では2箇所ファルセットパートがあるのですが、もはや個人の声が聞き分けられないレベルでキーが高く誰が歌っているのか音源では聞き分けられず、コンサートで初めて「あっ、坂本君が歌ってたの・・・」「あっ・・・健くんが」と知った私のポンコツ耳ですので、今回もラジオを聞いた時点では剛健を除いて誰が歌ってるのか自信がなかったのですが

そんなあなたも大丈夫!

歌詞カードに歌割りがかいてあるよ!

歌詞の右肩に小さくご丁寧にMS(坂本昌行)みたいな感じで歌割りが書いてありました。

こんなの初めて。

どんだけ親切なんだ・・・

MVもプレスリリースされていましたが、踊る踊る腰を振る腰を振るこっちに来る!!

こっちに来る!!!!!!

V6はこの曲踊るのかよ!?という曲でもガンガン踊ってくることに定評がありますから、この曲は踊ってくることは予想の範囲内でしたが、そもそも当初タイトルだけが公開された時にGUILTYやfAKEのような禁断の恋ソングかなと思いきや曲自体が大きく予想を裏切ってきた曲でしたので。

初聴の時点で全員終始腰振ってたからね(私の頭の中で)

やだエッチすぎる。

LDHK-POPの潮流を汲むザ・エイベックスという感じのおしゃれなダンスナンバーです。

V6らしくないといえば、今までのV6にはない新しいタイプの曲だとは思いますが、それでもこの独特な曲調を新しい「V6らしさ」に変えてしまう大人の魅力と申しますか、22年目を迎えてなお進化し続けるグループとしての可能性とバイタリティに感嘆してもしきれません。

健くんのファルセットが綺麗。

 

・ハナヒラケ

とんがりコーンタイアップ曲。

まさかのCMキャラクターが中山優馬・岸優太・阿部顕嵐から井ノ原快彦へと上がったのは衝撃でした。

こちらはCan't Get Enoughとの高低差に耳がキーーンとなる多幸感と幼児みの溢れるハッピーな曲。

幼稚園や小学校の運動会とかで流したいV6曲No1(当社調べ)

いかにも夏〜〜!って感じの曲だけど3月リリースでいいの?平均年齢40overのいいおじさんがこんな可愛い曲歌っていいの?と突き抜けてハッピーな曲です。

で、これもMVこそ踊ってないけど、多分サビくらいは踊るんじゃないかな?外周かもだけど。

曲中のヘイ!を絶対にコンサートでやると楽しいと思うから早くコンサートやってほしい曲。

 

 

・足跡

プリンスホテルタイアップ曲。

こちらは前述のA面2曲からはガラリと雰囲気を変えたバラード。

確か健ラヂ初公開だったように記憶していますが、初聴時「WALKっぽい・・・!」と思ったのを覚えています。

そう、あのコンサート中に坂本昌行岡田准一にキスを迫り、長野博三宅健が異常に近く腰に触れたり、森田剛の足の間で井ノ原快彦がリコーダーを吹く事案が立て続けに起こったことであまりにも有名なあの神バラードと名高いWALKです!(きになる人はセクバニコンをみてね)

もう初めて聞いた時点でこれはWALKのアンサーソングだと確信した。勝手に自分の中では決定してた。

まず曲調が同じ系統。そしてWALK→足跡というタイトルの親和性・関連性。サビの主旋律が似ている。これは匂わせですわ・・・・!!!!!

V6担も大好きな曲を数多く作曲されているHIKARIさんという方が作曲されています。

そりゃ好きだよね。嫌いな人いるわけない最強のラインナップだわ・・・・

なんならEvery Little Thingの私の好きな曲もことごとく作曲されてる方でした。

そうです。

これは本編最後に持ってきてほしい曲ですね!!!!!!!!文句なしにいい曲!!!!!泣いちゃう!!!

 

・MANIAC

これもラヂオかネクジェですでに公開されているのですが、聴く機会がなかったので初聴となりました。

宇多田ヒカルKiss&Cryと同じ少しレトロな出からの

 

スバラシマニアック! 

 

・・・・・・大丈夫か???????

どうした????なんだこれはトンチキ期(2011年セクバニ~2013年OMG)再来か????と思ったらパリピイントロが始まる。

これは菊池風磨さんが好きそうですね・・・・

曲中のC&Rも楽しそうだしコンサートでも声出せそうで楽しみだな〜〜〜

と思いきや歌詞を見るとスバラシマニアック以外は意外に硬い内容を歌っています。

「小さなことも妥協はなしで手は抜かない」「追求の先に明日は待ってる」

・・・

うーん深い。というか重い。

トンチキパリピ曲と思いきや意外と深い曲。

 

 

4曲を通じて感じた感想は、4曲4様全く雰囲気が異なる1枚で、2007年リリースのみなさんご存知HONEY BEAT通常盤の構成がよく似ているような気がします。

早稲田アカデミーのタイアップ曲のHONEY BEATはいろいろな音楽番組でも頻繁にパフォーマンスされ、あまりにも有名なスタンドマイクと振り付けで愛されるV6の定番曲なんですが、実はこの時の通常盤「僕と僕らのあした」というバラードとの両A面シングルで、こちらも今回と同じく4曲収録されているのです!

実はこのHONEY BEAT/僕と僕らのあした(2007)に収録される4曲は "喜怒哀楽" を表現しており、1曲1曲の完成度も高く1枚でV6のいろいろな一面が楽しめるシングルになっております。

HONEY BEAT以外にも哀を表現した「僕と僕らのあした」、怒の「I DON'T FORGIVE」、楽の「愛をコメテ」(OMG収録のものとは異なります)、どれも素敵な曲ですので、もし興味があったら聞いてみてくださいね!

 

さてこの後にドリフェスダイジェストムービーの感想も合わせて書こうと思ってはいたのですが、そもそもドリフェスについて何も今までほとんど触れてないので、いきなりダイジェスト書いても言葉がうまくまとまらなさそうです。

ですので、もしまた書く機会があり、書こうと思ったら書こうと思います。

 

ただひとつ伝えたいのが、なかなかいい機会だとは思いますので、是非是非V6担以外の方にもCan't Get Enough/ハナヒラケ通常盤を買っていただきたいな〜〜と思うしだいです!!

 

もちろん先ほど紹介した4曲も聴いてほしいんですが、

V6の全く違う1面を見れる4曲に加えて、ドリフェスのダイジェストがついてくる〜〜〜〜〜〜何てお得〜〜〜〜〜〜〜〜????これで1300円でお釣りが・・・??エッッ????ウッソ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜????価格設定息してなくない?????

 

前の記事でも少し触れてるんですが、V6のコンサートってバックも付かなければセットも派手なものは使わず、V6とお客さんだけの生身の空間なんですよ!

今までV6のコンサートとか見たことないわ〜〜って方いらっしゃると思いますが、今事務所でバックつけないセットも派手でない、いわゆる地味なコンサートやってるグループっておそらくV6くらいだと思うんです。

同じ代々木が全くの別空間に見えて、あまりにもシンプルすぎて物足りなく感じるかもしれませんが、是非シンプルな、無駄なものを全てそぎ落としたコンサートを見ていただきたい!

 

以上雑な販促&感想でした!

お読みいただきありがとうございました!

ジャニオタがパーソナルカラー診断を受けた

こんにちは。

突然ですが、ジャニオタのみなさんの中には、身につけるものの色を大事にしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか??

 

そんな私もメンカラ紫を2人抱える身でありながら、なぜか紫の服を探しても探しても自分に似合う気がしなくて、服を買いに行って紫の服を見つけては、似合わねえ…と落ち込んで帰ってくる、という生活を続けていました。

そこで、自分を客観的に見たときに、自分にどういう色が似合うのか?どういう色が似合わないのか?自分の今着たい色が本当に自分に似合う色なのか?ということを知りたくなり、百貨店のパーソナルカラー診断を受けて来ました。

 

松坂屋のパーソナルカラー診断は1ヶ月待ち!というわけで、タカシマヤでパーソナルカラー診断の予約をしようと思ったら、たまたまなんと翌日にキャンセルが出ていたので、軽率に行って来ました。

しかも無料でやってもらえる。


受ける前の自己診断はイエベ秋でした。

まず第一に前(ジャニオタのベースメイク漫談 - 先天性デリカシー欠損症)にも書いたように、明らかに黄色いから。「みかんよく食べる?」ってよく聞かれるくらい。

次に、2年くらい前のジルスチュアートのクリスマスコフレのグレーのアイシャドウがびっくりするくらい似合わない。殴られたみたいになる。f:id:luneenpassant:20170312163912j:image

 

そして、春か秋かと言われれば、圧倒的にパステルカラーが似合わないから。どちらかというと濃い色の方が似合う。

 

ですので、絶対自分イエベ秋だよーという自信もあったので、コスメもイエベ秋相当意識してます。

f:id:luneenpassant:20170312162746p:image

 

目や肌の色で診断してもらうので、ファンデーションを思い切って抜いて、ベースメイクはポルジョ下地+ゲランメテオだけで行きました。

 

さて、

 

百貨店やお店によって異なるとは思いますが、まず最初にコスメカウンターで簡単な問診を取られます。

 

Q.どんな色の服が好きですか? 

    A.白、黒、ベージュ、カーキ、紺など

Q.メイクはどんな色を使いますか?

    A.ブラウン、コーラル、オレンジなど

Q.アクセはゴールド?シルバー?

    A.ゴールド、ピンクゴールド

Q.次の色チャートでどの色味が一番好き?

f:id:luneenpassant:20170312164956j:image

    A.左下

 

すでに自分のことをイエベ秋だとしっかり自覚した回答ですね!

そのあとにパーソナルカラーにはまずイエローベースとブルーベースがあり、それぞれが春と秋、冬と夏の二つずつに分けられて………云々と軽くパーソナルカラーについての説明をしてもらいます。

 

次に化粧台の前に座り、服の影響を打ち消すために白いドレープを首から下にかけてもらいます。 

 

そのあと、ピンク、赤、黄色、緑、青、白の6色(確か)×春夏秋冬の4つの異なる色相のドレープを首の下にかけてもらい、自分の顔の明るさや色、輪郭、全体のバランスを見比べます。

 

正直「そんなん絶対にようわからんやろ(笑)」と思ってました。

 

 

ブルベ冬超似合わへん

 

薄々自分でも似合わない(というかそういう色の服を選ばないし着ない)は自覚してたんですが、最初のピンクの時点から明らかに顔のくすみが違う。

春、夏、秋はどことなく顔がふんわり明るくみえて、とりわけ春、秋は顔の血色もよく見えるんですが、同じ照明の下でやってるはずなのに冬のピンク(チャート右下のショッキングピンク)をかけると顔がドヨーンと青黒くみえる。

もともと顔色の良い方ではないんですが、あまりにも似合わなさすぎて失笑したら、BAさんも同じことを思ってみえたみたいで苦笑されてました。

 

というわけでピンクの時点で「冬はねえな(笑)」という暗黙の了解がBAさんと私の間に流れ始めます。

 

暫定:春=秋≧夏>冬

 

 

次に赤。

 

BAさん「赤い服とか着ます?」

私「着ません(いまだかつてメンカラ赤を自担にしたことがなくて)」

 

これも冬の赤が似合わなさすぎる。

夏は普通。春、秋だと顔色が明るく見えるような。

だいたい自分に似合う色、似合わない色がわかってくるとともに、菊池担・中丸担としての自分のアイデンティティが危機を迎え始めます。

 

暫定:春=秋≧夏>>冬

 

 

次に黄色。

 

BAさん「黄色はどうですか?」

私「着ます(自担が黄色なので)」

 

黄色は寒色と暖色の中間の色味なので、一番ピンとくるのではないでしょうか?

レモンイエローのような涼しい印象のある黄色やマスタード・山吹色のようなオレンジがかった黄色を次々に顔の前に当てていきます。

黄色が自担のメンカラな私としてはしっかり見ておきたいところです。

結果的に黄色はだいたいどんな色もしっくりきました。

やはり生粋のイエローベースなのでしょうか。

それでもやはりマスタードや薄い山吹色のようなオレンジがかった暖色のほうが顔がパッと明るくみえ、特にマスタードのような秋の黄色では、輪郭がはっきりし、目力が増しました(by BAさん)

 

暫定:秋≧春>夏>>>冬

 

 

次に緑。 

去年の秋にカーキのスカートを買ったら思いの外しっくり来ていた私、この頃から自分はイエベ秋のような気がしていた私、案の定お茶の色のような黄緑やモスグリーン、オリーブのような深みのある緑の時には顔色が明るく、輪郭もスッキリしてみえる、逆に青みのある色では顔が青白くみえました。

 

イエベ秋やな……

 

ここで完全に自分がイエベ秋だと悟ります。

 

暫定:秋>春>>夏>>>(超えられない壁)>>>>冬

 

 

そして青。

もう完全に自分のことをイエベだと思っている私、でも結構普段着る服には紺や青が多い………そもそも青が似合わなかったらどうしよう………

 

 

 

そして無事ロイヤルブルーに公開処刑される私、ありがとうございました。

 

 

でもイエベだけど自担のメンカラが青だ…というあなた!!落ち込まないで!!

別にイエベ=青が似合わない!というわけではないようで!!逆に差し色としてはすごくよくて、特にターコイズブルーとか、ネイビーが似合うそうです。

…とBAさんに慰められました。

 

暫定: 秋>>春>>>夏>>>>>>(超えられない壁)>>>>>>>冬

 

 

最後に白。

白といってもオフホワイト、生成りのような色、クリームに近い白、真っ白、とニュアンスの違う4色を顔の前に当てていきます。

やはりイエベなのでクリームに近い白や生成りのような白で顔が明るく、オフホワイトもまあまあそこそこ、真っ白では逆に顔色の悪さが際立つ結果に。

 

終結果:秋>>春>>>>>夏>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>(超えられない壁)>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>冬

 

 

というわけで、ファーストがイエベ秋、セカンドがイエベ春、ブルベ夏も悪くはない、ブルベ冬は避けたほうがいい、という結果になりました。

というわけでBAさんが私に似合うカラーサンプルを持ってきて並べてくださいます。

 

予想通りですね

ただ、前述の冬カラーもメインで持ってくるのではなく、差し色として持ってくるとアクセントになります、と私の天敵のロイヤルブルーも混ぜてくださいました。

なんて優しい。

 

BAさん「パーソナルカラー診断を踏まえて、メイクを直させていただきますね」

 

 

神!!!!!!

 

 

BAさん「どのようなブランドが気になる、などご要望ございますか?」

 

 

 

神!!!!!!

 

 

 

せっかくの機会なので、普段はエスティやアディクション、ゲランを使っている私は、今までタッチアップ以外で使ったことのないディオールルナソルランコムをリクエストしました。

すると各ブランドから似合う色味の商品をピックアップしてくれる。

サービス良すぎ………………


そしてメイクをリタッチしてもらい、改めて最後に似合う色をまとめた紙をいただきました。

 

紫ないね!!!!!(笑)

 

 

 

 

かくして私の事前の自己診断は的中し、今まで使っていたコスメはほぼほぼ正解ということになりました。

 

これからは勧められた色を中心に服などを買っていきたいと思います。

アクセサリーはゴールドを買っていきたいと思います。

松坂屋でもパーソナルカラー診断をしてもらいたいな!!

 

最後にタカシマヤでもらってきた、イエベに似合うリップのメーカーと品番!

 

 

f:id:luneenpassant:20170312175913j:image

 ちなみにブルベ向けのはこちら。

 

 

パーソナルカラーは肌と目の色を中心に診断しているそうなので、お顔立ちや各々の纏われる雰囲気によっても似合う色がまた変わってくるかとも思います。

似合う色と好きな色は違うとはいえ、好きな色を諦めて、似合う色を無理して身に付ける必要はなく、もちろん好きな色で自分なりのおしゃれを楽しむのはとっても素敵なことだと思いますので、パーソナルカラー診断は自分を知るための一助として捉えていただければと思います。

私は自分のことを客観的に見れたし、自分の似合う色を身につけた自分がすごく生き生きしてて、とても楽しかったです!

 

 

 

最後にパーソナルカラー診断の結果をジャニオタとしての自分の活動にフィードバックします。

 

・岡田担として

黄色は似合う色なのでどんどん取り入れていく。特にマスタードなど、暖色系の黄色を積極的に買う。締め色としては紺色や濃いグリーンを合わせる。

 

・中丸担・菊池担として

紫をメインで身に纏う夢は諦める。差し色として取り入れる。

 

・北斗担として

今まで一度も髪を染めずにきたけど、地毛は真っ黒というわけではなく少し赤茶がかってるので、このまま髪は染めない。目の色は黒なので、黒が似合わないというわけではない。美白と美肌に努める。

 

 

以上です!セクゾコン何着よう!!

ジャニオタのベースメイク漫談

少し前からぽそぽそとコスメについて自分なりのメイク方法や、BAさんに教えてもらった方法を投下してるんですが、最近のベースメイクに関するお話を、備忘録的にまとめます。

 

私が普段使ってるベースメイクはこちらです。

当方パーソナルカラー診断はしたことはないですが、おそらくイエベです。

中学生の時に「手相見てあげるよ〜!」って見てもらった友達に、「もしかしてめっちゃミカンとか食べる?」と全く関係のない指摘を受けるレベルのイエベです。

日光とか照明でめちゃくちゃ白飛びするタイプの色白(と言えるか怪しいけど)です。

 

 

f:id:luneenpassant:20170227011213j:image

下地

Paul&Joe BEAUTE

モイスチュアライジングファンデーションプライマー #01 ドラジェ

お値段: 東西SHOW合戦約0.5枚分

 

ワンプッシュで1回分。1本で大体半年〜1年持つ。持ちすぎて成分が酸化ないかとかちょいと不安。それくらいコスパがいい。

 

f:id:luneenpassant:20170227011650j:image

ファンデーション

ESTEE LAUDER

Double Wear #038 サンド

お値段: ジャニーズJr.祭約1枚分

 

泣く子も黙る(?)かの有名なエスティのダブルウェア。お値段はやや高めだけど、めっちゃ伸びる。注意しないと厚塗りになるくらい少量でカバー力あり。BAさんによると半年以上もつらしいので、コスパはそこそこよさそう。

 

f:id:luneenpassant:20170227012012j:image

フェイスパウダー

GUERLAIN

Meteorites #02 Clair

お値段: V6アリーナコン1枚分

 

自称・松村北斗のオンナリップであるLe Petit Robe Noire #07 black perfectoのせいか私の周りでやけにゲラン=松村北斗のイメージがついた、あのゲランの定番すぎるフェイスパウダー。これは口コミによると3年くらい持つらしいです。

 

f:id:luneenpassant:20170227012456j:image

コンシーラー・ハイライター

CANMAKE

color mixing concealer

お値段: フォトセ1セット分

 

2月に出た新色。まず安い上に色が複数ある。なんならコントロールカラーのピンクまでついてるコスパがあまりにも高すぎる。というかピンクのコントロールカラーがとにかくめちゃくちゃ優秀。プチプラだからなのか、よれやすいのがやや玉に傷なので、よれにくい上位互換出して欲しい。デパコスでも可。お金は出す。

 

私はTゾーンの皮脂分泌で石油王になれる一方で、Uゾーンは乾燥・つっぱりがちな混合肌です。まさに顔面アラブ。

1番の悩みはとにかくベースメイクがよれやすい…!主に小鼻とか小鼻とか小鼻とか。

皮脂分泌の原因は水分、油分バランスの悪さ(主に水分不足)なので、ベースメイクの前から仕込みます。オイルコントロール

Uゾーンが乾燥しやすくてTゾーンは皮脂が多いので、Tゾーンには最初の化粧水を多く(ここはスプレーでもコットンでもOK、時にはコットンパックプラス)、乳液はUゾーンに重点的にTゾーンには軽めに、クリームはUゾーン+目元にだけに塗ります。

その後再度化粧水スプレー(ここはコットンを使うのではなくスプレーがいいと思います。)→ハンドプレス→ティッシュオフで完成。

 

ここから下地を塗っていくのですが。

下地を全部塗りきって→リキッドファンデではなく、下地をゆるーく7割くらい塗って、ファンデをその上からゆるーく7割くらい塗って、そこからスポンジを使ってパッティングします。

パウダーファンデの時はもちろん、下地をきちんと塗りきった方がいいと思います。当たり前だけど(笑)ベタベタするよね(笑)

 

なおダブルウェアは「塗りすぎると厚塗り感がすごいので注意!」という口コミをよく見かけます。

そうなんです、すごーく伸びる上にカバー力もあるので、使う量を気をつけないと超厚塗りになります。

ですので購入前のタッチアップでBAさんに教えていただきました。

model 松村北斗さん(SixTONES)

 

瓶の蓋を外して→口の部分を指で塞いで(私はその後に指でファンデを伸ばすので、薬指を使います)→瓶をひっくり返す→少ししてから瓶を戻したときに指につくファンデの量がUゾーン1回分だそう。

ですので、下地をゆるーく7割ほど塗った上から、指でリキッドファンデをこれまたゆるーく7割くらい伸ばします。

それからスポンジでパッティング。伸ばすのではなく叩くイメージです。

Tゾーンは、瓶を指で塞いでひっくり返して戻したときに指についたリキッドを、さらに瓶の淵で少し切ります。

大体最初に指についた量の4分の1がTゾーンにつかうファンデの量くらいだそうです。そして、同じように7割くらい伸ばした下地の上に、これまた7割くらい伸ばしてからスポンジでパッティング。

スポンジもエスティのやつ使ってます。

Uゾーン1ひっくり返し+Tゾーンの4分の1ひっくり返し、でしっかりカバー力があるので、瓶ひっくり返す1回分で顔全体なんとかならんかな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、とは実は少し企んでます。

 

それからコンシーラーとハイライトです。

model 松村北斗さん(SixTONES)

パウダーファンデだと下地→コンシーラー・ハイライト→ファンデになるのかな?

ピンクのコントロールカラーを頬骨の上逆三角、鼻筋、口角の下に入れて、明るいベージュを気になるクマがあれば、濃いベージュはシミ・ニキビがあれば使います。

クマやシミやニキビが気になる人はやるとして(私はクマとニキビ跡があるので必須)、コントロールカラーはやってもやらんでもあんまり変わらんような気もします。少なくとも私は自己満足。

ですので、クマもシミもニキビもないわ!という美肌のあなたには、必要のないステップかもしれません。

ただ、口角の下に明るい色を入れるのは、口角が上がってるように見えるので、すごくいいような気もしてます。プラセボの可能性もありますが。

で、同じようにスポンジで辺縁をぼかすようにパッティングします。

 

で、あとは口紅以外のポイントメイクを全部終わらせてから(チークも)、フェイスパウダーをチークブラシで入れておしまい。

崩れにくいし、時間が経つごとに馴染んできてツヤが出てくるような気がします。

メイク直しもほぼ不要。

ファンデ以下がよれることはほぼないので、あぶらとり紙(これは賛否両論だけど私は皮脂分泌の量がマジでひどいので使ってます、ティッシュオフで済ませる時もあるけど)使ってからフェイスパウダーだけ直せばOK

 

今フェイスパウダーはメテオを使ってますが、エレガンスのラプードルもちょっと気になってます。

f:id:luneenpassant:20170227015858j:image

もう見た目が可愛い。

 

下地はバーバリーが気になってます。

f:id:luneenpassant:20170227020234j:image

これも見た目が可愛い。

これは日本だと銀座三越、西武池袋、阪急梅田でしか買えない!ので、東西SHOW合戦後に1人で三越に乗り込んでタッチアップしてもらいました。

パール入りなんだけど、テクスチャが軽くて、塗った感触もすごく軽い。

乗り換えたいけど、ポルジョよりもお値段が張るのと、ポルジョを長年使ってるのと、簡単に買いに行けるわけじゃないのでやや二の足を踏んでいます。

 

ファンデで気になってるのはランコムのクッションファンデです。

f:id:luneenpassant:20170227020809j:image

バラモチーフのやつ。Sexy Rose…

これは私が購入した化粧品ランク付けムックでもファンデ部門で1位になっていたので、すごく気になってます。

お化粧直しもしやすそう。

 

使ったことのあるコスメで良かったのは、おなじみガッ○ーになれると話題の雪肌精BB。

f:id:luneenpassant:20170227022020j:image

エスティ買うまでは主力でした。今もちょっとそこまで的なときには愛用してます。

残念ながら○ッキーにはかすりもしなかった。

ちょっとテクスチャ固めで伸びにくいなーっていう人は(私)、何か美容液とかをさらに混ぜるといいと思われます。

 

 

あとは10代のときに使ってたのがマキアージュのパーフェクトマルチコンパクト。

f:id:luneenpassant:20170227022521j:image

パウダーファンデなんですが、付属のパフの裏表できめ細かさが違って、ファンデにもなるし粉おしろいとしても使えるという優れものです。

厚塗りのイメージがあったファンデが嫌で薄づきのパウダーを求めてた10代の頃に愛用してました。

ハタチ前後でめちゃくちゃ肌荒れしてメイクもままならない時期があって、その時期にこの製品から離れたんですが、また機会があれば使いたいなと思って、コンパクトを残してます。

現状リキッドファンデ使ってますが(笑) 

 

本当に余談なんですが、下地とか、リキッドファンデってなぜか瓶に入ってて、短期間の旅行とか、あるいはお化粧直しとかで持ち歩くの大変じゃないです?

そんなときにオススメしたいのがコンタクトケースです。

超便利。

 

ここまで色々書いてきましたが、肌質は人それぞれで、これが全てでは全くないと思います。

そんなこと思って読んでくださってる方はいないと思いますが。

私はハタチ前後に肌荒れしまくって、常にニキビが何個もできてメイクもままならない時期があって(今思えばスキンケアも良くなかったのかも)、自分の肌のことを試行錯誤して、今のスキンケア・ベースメイクにたどり着きました。

ニキビ体質で今でも決して綺麗とは言えない地肌なので、綺麗な肌にすごく憧れがありますし、少しでも肌を綺麗に見せるためには、自分の肌質に合ったベースメイクとスキンケアって大事だなと、改めて思います。

 

ジャニーズの皆さんって肌綺麗ですよね。。。ファンデ何使ってるんだろう。。。

V6のシンプルさについての考察

こんにちは。

#自担と出会って変わった10のこと の考察②以降はそのうち書きますので石は投げないでください。

 

今年1年、V6から食指の及ぶところを広げて、KAT-TUN、Jr.、ひいてはSexy Zoneまでそこそこ手広くいろんなグループのパフォーマンスを拝見したわけですが、唐突に年の瀬になってV6っていいなあ!!!と気づかされたので、原点に立ち返る意味も込めて、その感動を殴り書いておきます。

 

まず、このような考察に至る背景としては、軽率に注文したWelcome to Sexy Zone TourのBlu-rayが今日届いたことがあります。

 

で、見た。

セクゾちゃんはびっくりするくらい若くてキラキラしてた。

大勢のJr.をバックダンサーに従えて、きらびやかな衣装を着て、舞台転換も華やかで、とにかくキラキラして素敵なコンサートで、まだまだ荒削りなところもあるけど、今後が楽しみだなあと思えるコンサートでした。

でもウェルセクを見たセクゾ担のうち、「セクゾの今後が楽しみだ」という感想を抱いたのは、勝手だけどかなり少数派なんじゃないかなと勝手に思っています。(別に統計を取ったとかではないです)*1

 

多くのセクゾ担は、ウェルセクに映る今のセクゾの良さをありのまま享受して、それを楽しんでいるのではないのか?今のセクゾを通じて未来に思いを馳せるというある意味まどろっこしい作業はしていないのではないか?

それでは、何故私がこのような感想を抱いたのでしょうか。

それは単に私がジャニオタババアだから、というだけではなく、私自身がV6の現場で年月をかけてジャニオタとしての価値観を育ててきたからということが第一にあるように思います。

つまりV6のコンサート、ひいてはV6のジャニーズとしての在り方は、私にとっても "コンサートはこうあってほしい" という潜在的ロールモデルになっているのではないかと。

 

今回ウェルセクは、私が初めて視聴したSexy Zoneのコンサートの映像となりましたが、はっきりと「10年後が楽しみなグループだ」と感じました。

 

 

つまり自分がジャニーズを嗜むにおいて、「若さ」(あまり年は変わらないとは思いたいのですが)というものは実はあまり重視すべきポイントではなく、パフォーマンスが私の中で大きなウェイトを占める要素ということになります。

もともと「はあ〜〜〜風磨くんは年が近くて非常にリア恋みが強い ぺろぺろ」というあまりにも軽率すぎる感想が風磨担の入り口だった訳ですから、この気づきは私の中では自分自身意外でした。

むしろ、彼らが今の持っているキラキラとした「若さ」だけでは押し切ることのできない年齢に差し掛かったとき、どのように自らの「若さ」を違う武器に持ち替えていくかという過程、そしてその期間を悩み模索しながら乗り越えたグループの形を見ることが非常に楽しみであることに気づきまた。

もちろん少年から青年に変わりゆく過渡期にある "今" のセクゾが歌う「Sexy Zone」は、5年前、彼らがバラを片手に携えてパフォーマンスしたそれとは、本人たちにとっても、ファンにとってもおそらく異なるものなのではないかと推察します。

2011年の「Sexy Zone」は2016年の「Sexy Zone」とは全く異質なものであることは、「幼さ」はいつか失われる儚いものであるということを示唆します。

もちろん、今のセクゾの持つ「若さ」も恒久的なものではありません。

例えば、10年後、29歳の聡ちゃんと26歳のマリウスが「大人の決めたやり方それが正解なの?」という言葉は今の彼らほどの説得力を持たなくなるでしょう。

しかし、デビュー曲というものは何年時を経ても因果のようにグループについて回ります。

セクゾの場合、グループ名を曲のタイトルに冠しているわけですから、おそらく今後も名刺のようについて回る曲となるでしょう。

彼らがどのように自分たちの「若さ」に折り合いをつけていき、10年後にSexy Zoneをどのように歌うのかが非常に楽しみです。

 

さて、V6はもともと全く年齢もバックグラウンドも歴もバラバラなメンバーを寄せ集めて、1995年バレーボールW杯のサポーターとしてデビューしたグループです。

今のJr.で例えるならば、深澤辰哉さん(Snow Man)、岩本照さん(Snow Man)、森本慎太郎さん(SixTONES)に、永瀬廉さん(Mr. KING)、高橋海人さん(Mr.KING)に那須雄登さん(東京B少年)を同じグループとしてデビューさせた感じでしょうか。(若干剛健の年齢構成は違いますが…)

これだけ見ても結成当初どれだけブッ飛んだグループだったかはお分かりかと思います。

そんな彼らが20年の時と紆余曲折を*2経ても、なお未だにアイドルとして歌い踊り続け、その一方で一人一人が自分の持てる能力や才能を武器に新しい仕事を開拓し続けている。

その足跡は私の中で一つの「ジャニーズはこうあるべき」という潜在的ロールモデルとなっています。

 

V6のコンサートは非常にシンプルなコンサートです。

ジャニーズのコンサートの定番とも言えるジャニーズJr.をバックダンサーにつけず*3、衣装も華美ではなく、ド派手な演出があるわけでもなく*4、ただステージと、照明と、音響と、6人と、ファンがいるという、ある意味無駄なものを全てそぎ落としたとも言えるもので、「ジャニーズのコンサート」と言われて想像するものに比すると地味とも言えるほどです。

その代わり、6人は3時間にわたり何十曲もの曲を踊り、花道を駆け回り、アリトロやスタトロで通路を縦横無尽にめぐり、歌います。

特に20周年のアニバーサリーコンサート、V6 LIVE TOUR 2015 1995-FOREVERは極限まで自分たちの体一つでぶつかってきたスタイルの集大成であり、非常に映像作品としての完成度も高いコンサートです。*5

小道具といえる小道具はAirで会場に投げた小ぶりなバラの花束と、涙のアトが消える頃〜GUILTYで用いた椅子6個のみ。

とにかくシンプル、己のパフォーマンスのみでぶつかっていくスタイルで、3時間半ものコンサートを駆け抜けます。

 

特筆すべきはMC前のSP "Break The Wall"でしょう。

SP "Break The Wall"はSexy.Honey.Bunny.コン(通称セクバニコン)で初めて披露されたナンバーで、岡田さん主演のSPのあの有名なサウンドトラックとV6がコラボした作品です。

次々とソロパートを変えながら、絶えず踊りながら、レーザーの海の中を駆け抜けるテンポの速い5分16秒のダンスナンバー。

V6のコンサートでは1番 +(Cメロ)+ラスサビというダイジェスト構成で次々に曲が転換していくのがスタンダードですが*6、この曲はフルバージョンで披露されました。

しかもMC前、それまでにすでにコンサート前半に何曲も踊ってきた後に5分16秒踊りっぱなしのナンバーを持ってくる強気です。

そして踊り終わった後、MCに転換しながら照れ笑いしながら井ノ原さんが言うのです。

 

「また手からビーム出しちゃったよ・・・どうもすいません」

 

と。

 

彼らの謙虚さ、ストイックさ、飾らなさを長年見ている分、今の若いグループの子たちを見るたび、「将来はV6のようなグループになってほしい」と願わずにはいられません。

KAT-TUNも今年初めて10ksでJr.をバックにつけないコンサートを敢行しました。

東京ドームの5万5000人の観客相手にたったの3人でコンサートをやりきるのは、決して、決して簡単なことではないでしょう。

それでも彼らはJr.抜きで、自分たちだけで10周年コンサートをしようと選択したのです。

そのような選択を10周年さらには充電期間の前に行ったことは、彼らの強い覚悟を感じられますし、充電期間が明けてもますます成長して大きくなるだろうな、という大きな期待を私に抱かせました。

もちろんJr.でも推している子は大勢いますし、先輩のバックについてたくさん勉強してほしいと思っているので、決してJr.をつけることが悪いことだとは思ってはいません。

華やかな衣装は彼らの美しさを引き立たせ、派手な演出は私たち観客の心を揺さぶります。

でも決して、バックダンサーや、華美な衣装や、ド派手な演出で、自分たちを "ごまかす" アイドルにはなっては欲しくないのです。

「ジャニーズ」である以上は華やかなコンサートに憧れるのはごく当然の心理かとは思いますが、その「華やかさ」は時には彼ら自身の良さを隠し、今後のアイドルとしての技量の成長を妨げる要因にもなりかねません。

余分なものをそぎ落としたシンプルさを実際にステージの上で見せるには、本人たちの高い技量が要求されます。

そのようなパフォーマンスもできる、真の実力のある、そんなアイドルになってほしいと、KAT-TUN, Sexy Zone, Jr.たちをみると願ってやみません。

 

そして、V6がますます今後も自分たちの実力を伸ばし、時には自らの「老い」と折り合いをつけながら、大きなグループになっていくことを願っています。

 

*1:同様に10ksに1公演参戦して、10ksのDVDを見たときにも同様に「これからが楽しみだなあ」という感想を抱きました。これに関しては多くのKAT-TUN担が同じような感想を抱いたかとは思いますが。

*2:毎年の恒例行事である解散疑惑や岡田の「反抗期」など

*3:私の調べでは2001年の夏コンから6人だけでやるようになったそうです

*4:炎やレーザーくらいは出ますが、他のグループほど派手ではありません

*5:コンサートはもちろん作品ではなく、その場にいるファンとアーティストとの時間と空間の共有ですが、コンサートを映像化する以上は作品としての完成度の高さも要求されるのは致し方ないことかと思います。

*6:TV朝日Dream Festivaでもこの構成は健在で、40分間の持ち時間で14曲を披露しました。