先天性デリカシー欠損症

愛だけを叫べよ!

V6のシンプルさについての考察

こんにちは。

#自担と出会って変わった10のこと の考察②以降はそのうち書きますので石は投げないでください。

 

今年1年、V6から食指の及ぶところを広げて、KAT-TUN、Jr.、ひいてはSexy Zoneまでそこそこ手広くいろんなグループのパフォーマンスを拝見したわけですが、唐突に年の瀬になってV6っていいなあ!!!と気づかされたので、原点に立ち返る意味も込めて、その感動を殴り書いておきます。

 

まず、このような考察に至る背景としては、軽率に注文したWelcome to Sexy Zone TourのBlu-rayが今日届いたことがあります。

 

で、見た。

セクゾちゃんはびっくりするくらい若くてキラキラしてた。

大勢のJr.をバックダンサーに従えて、きらびやかな衣装を着て、舞台転換も華やかで、とにかくキラキラして素敵なコンサートで、まだまだ荒削りなところもあるけど、今後が楽しみだなあと思えるコンサートでした。

でもウェルセクを見たセクゾ担のうち、「セクゾの今後が楽しみだ」という感想を抱いたのは、勝手だけどかなり少数派なんじゃないかなと勝手に思っています。(別に統計を取ったとかではないです)*1

 

多くのセクゾ担は、ウェルセクに映る今のセクゾの良さをありのまま享受して、それを楽しんでいるのではないのか?今のセクゾを通じて未来に思いを馳せるというある意味まどろっこしい作業はしていないのではないか?

それでは、何故私がこのような感想を抱いたのでしょうか。

それは単に私がジャニオタババアだから、というだけではなく、私自身がV6の現場で年月をかけてジャニオタとしての価値観を育ててきたからということが第一にあるように思います。

つまりV6のコンサート、ひいてはV6のジャニーズとしての在り方は、私にとっても "コンサートはこうあってほしい" という潜在的ロールモデルになっているのではないかと。

 

今回ウェルセクは、私が初めて視聴したSexy Zoneのコンサートの映像となりましたが、はっきりと「10年後が楽しみなグループだ」と感じました。

 

 

つまり自分がジャニーズを嗜むにおいて、「若さ」(あまり年は変わらないとは思いたいのですが)というものは実はあまり重視すべきポイントではなく、パフォーマンスが私の中で大きなウェイトを占める要素ということになります。

もともと「はあ〜〜〜風磨くんは年が近くて非常にリア恋みが強い ぺろぺろ」というあまりにも軽率すぎる感想が風磨担の入り口だった訳ですから、この気づきは私の中では自分自身意外でした。

むしろ、彼らが今の持っているキラキラとした「若さ」だけでは押し切ることのできない年齢に差し掛かったとき、どのように自らの「若さ」を違う武器に持ち替えていくかという過程、そしてその期間を悩み模索しながら乗り越えたグループの形を見ることが非常に楽しみであることに気づきまた。

もちろん少年から青年に変わりゆく過渡期にある "今" のセクゾが歌う「Sexy Zone」は、5年前、彼らがバラを片手に携えてパフォーマンスしたそれとは、本人たちにとっても、ファンにとってもおそらく異なるものなのではないかと推察します。

2011年の「Sexy Zone」は2016年の「Sexy Zone」とは全く異質なものであることは、「幼さ」はいつか失われる儚いものであるということを示唆します。

もちろん、今のセクゾの持つ「若さ」も恒久的なものではありません。

例えば、10年後、29歳の聡ちゃんと26歳のマリウスが「大人の決めたやり方それが正解なの?」という言葉は今の彼らほどの説得力を持たなくなるでしょう。

しかし、デビュー曲というものは何年時を経ても因果のようにグループについて回ります。

セクゾの場合、グループ名を曲のタイトルに冠しているわけですから、おそらく今後も名刺のようについて回る曲となるでしょう。

彼らがどのように自分たちの「若さ」に折り合いをつけていき、10年後にSexy Zoneをどのように歌うのかが非常に楽しみです。

 

さて、V6はもともと全く年齢もバックグラウンドも歴もバラバラなメンバーを寄せ集めて、1995年バレーボールW杯のサポーターとしてデビューしたグループです。

今のJr.で例えるならば、深澤辰哉さん(Snow Man)、岩本照さん(Snow Man)、森本慎太郎さん(SixTONES)に、永瀬廉さん(Mr. KING)、高橋海人さん(Mr.KING)に那須雄登さん(東京B少年)を同じグループとしてデビューさせた感じでしょうか。(若干剛健の年齢構成は違いますが…)

これだけ見ても結成当初どれだけブッ飛んだグループだったかはお分かりかと思います。

そんな彼らが20年の時と紆余曲折を*2経ても、なお未だにアイドルとして歌い踊り続け、その一方で一人一人が自分の持てる能力や才能を武器に新しい仕事を開拓し続けている。

その足跡は私の中で一つの「ジャニーズはこうあるべき」という潜在的ロールモデルとなっています。

 

V6のコンサートは非常にシンプルなコンサートです。

ジャニーズのコンサートの定番とも言えるジャニーズJr.をバックダンサーにつけず*3、衣装も華美ではなく、ド派手な演出があるわけでもなく*4、ただステージと、照明と、音響と、6人と、ファンがいるという、ある意味無駄なものを全てそぎ落としたとも言えるもので、「ジャニーズのコンサート」と言われて想像するものに比すると地味とも言えるほどです。

その代わり、6人は3時間にわたり何十曲もの曲を踊り、花道を駆け回り、アリトロやスタトロで通路を縦横無尽にめぐり、歌います。

特に20周年のアニバーサリーコンサート、V6 LIVE TOUR 2015 1995-FOREVERは極限まで自分たちの体一つでぶつかってきたスタイルの集大成であり、非常に映像作品としての完成度も高いコンサートです。*5

小道具といえる小道具はAirで会場に投げた小ぶりなバラの花束と、涙のアトが消える頃〜GUILTYで用いた椅子6個のみ。

とにかくシンプル、己のパフォーマンスのみでぶつかっていくスタイルで、3時間半ものコンサートを駆け抜けます。

 

特筆すべきはMC前のSP "Break The Wall"でしょう。

SP "Break The Wall"はSexy.Honey.Bunny.コン(通称セクバニコン)で初めて披露されたナンバーで、岡田さん主演のSPのあの有名なサウンドトラックとV6がコラボした作品です。

次々とソロパートを変えながら、絶えず踊りながら、レーザーの海の中を駆け抜けるテンポの速い5分16秒のダンスナンバー。

V6のコンサートでは1番 +(Cメロ)+ラスサビというダイジェスト構成で次々に曲が転換していくのがスタンダードですが*6、この曲はフルバージョンで披露されました。

しかもMC前、それまでにすでにコンサート前半に何曲も踊ってきた後に5分16秒踊りっぱなしのナンバーを持ってくる強気です。

そして踊り終わった後、MCに転換しながら照れ笑いしながら井ノ原さんが言うのです。

 

「また手からビーム出しちゃったよ・・・どうもすいません」

 

と。

 

彼らの謙虚さ、ストイックさ、飾らなさを長年見ている分、今の若いグループの子たちを見るたび、「将来はV6のようなグループになってほしい」と願わずにはいられません。

KAT-TUNも今年初めて10ksでJr.をバックにつけないコンサートを敢行しました。

東京ドームの5万5000人の観客相手にたったの3人でコンサートをやりきるのは、決して、決して簡単なことではないでしょう。

それでも彼らはJr.抜きで、自分たちだけで10周年コンサートをしようと選択したのです。

そのような選択を10周年さらには充電期間の前に行ったことは、彼らの強い覚悟を感じられますし、充電期間が明けてもますます成長して大きくなるだろうな、という大きな期待を私に抱かせました。

もちろんJr.でも推している子は大勢いますし、先輩のバックについてたくさん勉強してほしいと思っているので、決してJr.をつけることが悪いことだとは思ってはいません。

華やかな衣装は彼らの美しさを引き立たせ、派手な演出は私たち観客の心を揺さぶります。

でも決して、バックダンサーや、華美な衣装や、ド派手な演出で、自分たちを "ごまかす" アイドルにはなっては欲しくないのです。

「ジャニーズ」である以上は華やかなコンサートに憧れるのはごく当然の心理かとは思いますが、その「華やかさ」は時には彼ら自身の良さを隠し、今後のアイドルとしての技量の成長を妨げる要因にもなりかねません。

余分なものをそぎ落としたシンプルさを実際にステージの上で見せるには、本人たちの高い技量が要求されます。

そのようなパフォーマンスもできる、真の実力のある、そんなアイドルになってほしいと、KAT-TUN, Sexy Zone, Jr.たちをみると願ってやみません。

 

そして、V6がますます今後も自分たちの実力を伸ばし、時には自らの「老い」と折り合いをつけながら、大きなグループになっていくことを願っています。

 

*1:同様に10ksに1公演参戦して、10ksのDVDを見たときにも同様に「これからが楽しみだなあ」という感想を抱きました。これに関しては多くのKAT-TUN担が同じような感想を抱いたかとは思いますが。

*2:毎年の恒例行事である解散疑惑や岡田の「反抗期」など

*3:私の調べでは2001年の夏コンから6人だけでやるようになったそうです

*4:炎やレーザーくらいは出ますが、他のグループほど派手ではありません

*5:コンサートはもちろん作品ではなく、その場にいるファンとアーティストとの時間と空間の共有ですが、コンサートを映像化する以上は作品としての完成度の高さも要求されるのは致し方ないことかと思います。

*6:TV朝日Dream Festivaでもこの構成は健在で、40分間の持ち時間で14曲を披露しました。